2015年7月14日 (火)

信州蓼科 八子ケ峰トレッキング

久しぶりに山登りに行きました。

今回選んだのは、茅野の蓼科にある、八子ケ峰(やしがみね)。

諏訪ICで降り、R152、ビーナスラインと行き、

東急リゾートを目指します。

地図は、蓼科東急ホテルのトレッキングの簡易地図がたより coldsweats01

蓼科東急ホテルの地図

これの、「トレッキング専用駐車場(東側)」を目指しますが、

ナビがあっても、どこを走っているのか、さっぱりわかりません。

なんとか偶然に?たどり着きました coldsweats01

Img_5133_2

 

ここからトレッキングコースに入りますが、

すぐに岩がゴロゴロの急坂が始まります sweat01

Img_5134

 

整然と並んだ林をひたすら登ります。

Img_5136

 

かなり登ったところで、視界が開けました!

八ヶ岳がきれい shine

Img_5141

 

ここからは、それほどの急坂はなく、

今は営業していない、アルビレオというヒュッテまで来ます。

ここの眺めも美しい。

Img_5166

 

爽やかな高原の道を進むと、八子ケ峰の頂上に来ました。

このあたりはなだらかなので、頂点という感じがしません coldsweats01

Img_5152

 

さらに西へ進むと、途中急坂下りがあり、

もうひとつの頂上らしきところへ来ました。

Img_5155

 

始めは人っ子ひとりいませんでしたが、

そのうちに団体さんが到着。

急ににぎやかになりました happy01

Img_5161

 

頭上の飛行機雲がとっても近い!

標高1900メートルですから、飛行機も近いですね。

Img_5168

 

暑くて日焼けもしましたが、気分は最高 up

すがすがしい休日を過ごすことができました scissors

 

| | コメント (6)

2015年5月10日 (日)

信州大町 鷹狩山 中山高原

今日は良い天気 sun

大町の鷹狩山へ山登りに行きました。

 

松本から小一時間で、大町の山岳博物館へ到着。

ここからトレッキングコースを登ります。

Img_4936

 

新緑が鮮やかな林の中を進みます。

Img_4939

 

50分ほどで、山頂へ到着。

馬の神社がありました。

Img_4940

 

神社を抜けると、眼の前に広がったすばらしい景色 shine

(写真をクリックすると拡大します)

Img_4942

Img_4945

 

お腹もペコペコ。

セブンイレブンで買ったオニギリとカレーのカップ麺。

そして、SEIYUの皆様のお墨付きのコーヒーを淹れます。

これ、けっこう美味しい happy01

Img_4948

 

帰りの下りは、けっこうヒザがガクガク。

足腰が弱ってるなぁ bearing

 

中山高原まで足を延ばして、菜の花畑を見に行きました。

ちょうど菜の花が満開。

北アルプスとのコントラストがきれい。

中山高原の地図

Img_4957

Img_4962

 

ゆーぷる木崎湖に立ち寄って、温泉で山登りの疲れを癒しました catface

Img_4967

 

大町の横川商店さんへも立ち寄り。

のん子さん、相変わらずお元気です happy01

Img_4968

 

さわやかな信州の初夏を楽しんだ一日でした happy01

 

| | コメント (0)

2014年10月12日 (日)

信州 木曽駒ケ岳登山

御嶽山の噴火で犠牲になられた方々のご冥福を心よりお祈りします。

48rider も、登りたい山の候補に挙げていたので他人ごとではない出来事でした。

 

さて、駒ヶ岳の紅葉が進んでいるとのことなので、登ってきました。

(先週(10/4)の話です)

 

早起きして、7時すぎには駒ヶ岳ロープウェイ乗り場に

着きましたが、すでに1時間待ち状態 bearing

P1070256

 

小さなロープウェイですが、一度に60人乗れるそうです。

この日は、9分間隔での運転でした。

P1070260

 

眼下の美しい紅葉を楽しみながら、

10分もかからずに、2612mの千畳敷駅に到着です。

P1070261

 

千畳敷カールの散策路はきれいに紅葉していました。

P1070265

 

散策路から、急坂を登る岩だらけの道が登山道になります。

P1070275

 

軽い高山病なのか、頭がクラクラしましたが、ゆっくりと登りました。

途中、振り返えると美しい景色。

かなり登ってきたことがわかります。

ロープウェイの駅があんなに下の方に。

P1070278_2

 

登りきる手前に、さらに急坂が待っていますsweat01

P1070282

 

1時間ほどかかってやっと登り切り、乗越浄土へ着きました。

P1070284

 

ここはまだ山の頂上ではないですが、すばらしい景色shine

富士山も見えましたよ。

P1070290

 

左に見えるとがった山が宝剣岳。

頂上に人が見えますが、岩登りをして登らなければいけないみたい。

P1070291

 

48rider は、駒ヶ岳を目指します。

途中、中岳までの登りがあります。

P1070299

 

中岳を登りきると、向こうに見えるのが駒ヶ岳。

まだまだありますねぇ~ coldsweats01

P1070301

 

中岳からいったん下って、また登りです。

P1070310

 

大きな岩をひとつずつクリアしながら登ります。

頂上が近づくと、向こうに御嶽山が見えました。

P1070311

 

乗越浄土から1時間かかって、ようやく駒ヶ岳頂上へ着きました!

標高 2956m です。

P1070316_2

 

山頂は登山客でいっぱい。

P1070323_2

 

御嶽山の噴煙は、東の方面に遠くまで伸びていました。

P1070324

 

帰りの下りでは、軟弱な足に一気に疲れが出て、ヒザがガクガク。

転んでは大変なので、慎重に下りました。

P1070328

 

時刻は3時ころでしたが、まだまだ登ってくる人がいました。

帰りのロープウェイは2時間待ち bearing

 

景色は最高でしたが、いや~疲れた~!

家へ帰ると、アパートの階段を上るのが大変でした sweat01

もっと足腰を鍛えないといけませんねぇ~

 

木曽駒ヶ岳 登山マップ

| | コメント (3)

2014年8月26日 (火)

信州 乗鞍岳 ご来光登山

乗鞍岳の「ご来光バス」というのがあると知り、行ってきました。

松本を夜中の二時前に出発、

夜中なので道が空いているので、一時間弱で乗鞍高原の観光センター前に到着。

駐車場には、すでにたくさんの車が停まっていました sweat01

ここで車を停めて、ご来光バスを待ちます。

 

P1070119

 

バスは、往復で2,500円。

バスが到着すると、あっという間に順番待ちの行列になり、

二台目のバスに乗車しました。

 

一時間ほど、暗闇の中をバスに揺られて乗鞍岳に向かって登って行きます。

終点の畳平の手前がご来光スポットとなっていて、そこで降ります。

P1070123

 

標高は約2,700m。そこから少し登ると、ご来光が見える場所。

朝5時前、すでにたくさんの人でいっぱいです。

P1070140

 

雲海の広がる向うに、ダイヤモンドのように輝く朝日が昇り始めました。

(写真をクリックすると拡大します)

P1070150

 

秒単位で変化していく、光の色、輝き、

太陽が雲から出ると、ほんの数秒間だけリング状の光に包まれ、

その変わりざまは、ただ、無心に感動するのみ。

小さな人間の営みとはスケールの違う、大自然の力を感じました。

 

オレンジ色の空は、すぐに青い空になり、

畳平の方には虹がかかっていました。

P1070156

 

この後、乗鞍の頂上を目指して登ろうと思っていましたが、

あまりの早起きのせいか、標高が高いせいか、

なんだかクラクラするので、畳平の散策路を歩くだけにしました。

P1070158

 

頂上への登山は、また次のお楽しみにしようっと!

この日は、美しいご来光を拝めただけで、大満足でした happy01

 

松本経済新聞 乗鞍岳 ご来光バスの記事

アルピコ交通 ご来光バス案内

 

| | コメント (2)

2014年7月 6日 (日)

北八ヶ岳 北横岳

北八ヶ岳の北横岳へ登りました。

諏訪ICから R152、ビーナスラインの蓼科湖方面へと向かい、

北八ヶ岳ロープウェイの山麓駅へ行きます。

P1060993

 

ロープウェイは20分間隔の運転でした。

ここの標高は、1,771m。

P1060996

 

ここから標高 2,237m の山頂駅まで一気に上ります。

山頂駅のトイレは有料なので、山麓駅で済ませておくのがよさそうです。

 

P1070004

 

目の前には、「坪庭」と称した散策路があります。

ここは溶岩地帯で、森林限界のハイマツ帯となっています。

でも、ここから北横岳まではまた森林帯となる、不思議な地域。

P1070008

 

ここから左は、北横岳への登山道になります。

P1070011

 

岩場の森林の中をひたすら登ります。

途中、開けた展望はあまりありません sweat01

さらに、よかったはずの天気が変わり、雨まで降ってきました rain

幼稚園くらいの小さな子も登っていてびっくり。

P1070018

 

一時間ほど登って、北横岳ヒュッテへ到着。

完全に霧の中です。

P1070030

 

山頂まではここからさらに登ります。

P1070032

 

標高 2,471m の山頂へやっと着いたものの、激しい雨と風。

当然、展望は何もなし coldsweats01

P1070036

 

北横岳ヒュッテまで戻り、お昼にしました。

セブンイレブンのカツサンド、おいしいですよ smile

日が差さないのでどんどん体が冷えてきました。

気温もおそらく15度以下。

標高 2,400m ですから甘くみてはいけませんね。

P1070045

 

山頂駅まで戻りました。

このころには雨は止んでいましたが、展望台から見ると、

右側の黒い雲の下は、あきらかに豪雨となっている様子。

P1070054

 

予測はあたり、駐車場へ戻ると同時にゲリラ豪雨になりました。

ぎりぎりセーブで間に合った~ happy02

 

山登りも何度かトライして、少し脚力がついてきた感じがします。

それとも、登るコツを覚えて慣れただけかな? coldsweats01

 

| | コメント (2)

2014年6月28日 (土)

信州富士見町 入笠山

富士見町にある、入笠山へ登りました。

まずは、中央道の諏訪南ICで降りて、富士見パノラマリゾートまで行きます。

ここで車を駐車し、ゴンドラに乗ります。

富士見パノラマリゾートのHP

P1060867

 

混雑していたので、ゴンドラは相乗り。

ソロのおじさんといっしょになりました coldsweats01

ゴンドラからの景色はなかなかのもの shine

P1060870

 

10分ほどで、標高1,780mのゴンドラ山頂駅に到着。

ここからトレッキングになります。

入笠湿原は、緑でいっぱい。とても気持ちがいいです confident

P1060888

 

つづら折れの道、登山客でいっぱいです。

道はよく整備されていて歩きやすいです。

P1060896

 

湿原を過ぎるといよいよ入笠山の登山道へ。

P1060905

 

この分岐点、右は岩場コース、左は岩場迂回コース。

ここは、あえて岩場コースを選択 scissors

P1060906

 

岩場といっても急斜面ではなかったので、ゆっくり登れば大丈夫でした。

最後の階段を登りきると山頂です。

P1060912

 

山頂には登山客でいっぱい!

P1060913

 

標高 1,955m の山頂、360度のパノラマですよ shine

P1060922

 

特に、八ヶ岳方面の景色が最高!

P1060938

 

帰りは、岩場迂回コースにしました。

まだまだ、いっぱい登山客が登ってきます。

P1060940

 

ゴンドラ駅がある、すずらん山野草公園の展望台もすばらしい眺め。

P1060948

 

すずらんは、控えめに可愛く咲いていました。

P1060957

 

入笠山のトレッキングは、距離も標高差も初心者向き。

そして、美しい緑と雄大なパノラマ。

48rider にはぴったりのトレッキングコースでした happy01

 

| | コメント (0)

2014年6月22日 (日)

信州 車山高原トレッキング

信州のビーナスラインにある、車山高原へトレッキングに行きました。

車山高原公式サイト

諏訪からビーナスラインに入り、霧ケ峰のドライブインを超え、

白樺湖方面へ向かう途中に車山駐車場があります。

P1060743

 

BMW 120i 君は、ここで留守番してもらいます happy01

ここから車山へ登り、八島ケ原湿原へ行ってひと回りして帰ってくる、

という予定です。

車山ハイキングマップ

P1060742

 

駐車場には、新しい有料のバイオトイレがありました。

P1060745

 

ここから、レーダー観測所のドームが見える、車山山頂に向かって登ります。

一見、なだらかな山に見えますが、道は岩がゴロゴロして歩きにくいです。

P1060755

 

40分ほど登り、車山山頂へ到着。

なだらかですが距離があるので登り応えがありました sweat01

登山客でいっぱい。人気コースなのですね。

P1060760

 

八ヶ岳がきれいに見えました。

P1060765

 

小さな神社が祀られていました。

P1060771

 

標高1,925mです。

白樺湖方面からリフトで登ってくることもできるようです。

P1060774_2

 

ここからは、かなり急な階段を降りますが、けっこう長い階段でヒザにきます sweat01

P1060783

 

下りきると分岐点。

蝶々深山へ向かいます。

P1060784

 

湿原の中を歩きますが、この時期、まだ草は枯れた色です。

P1060793

 

この先、延々と続く登り坂が見えます。

この坂がけっこう長くてツライ bearing

P1060794

 

大小の岩がころがる道をひたすら登ります sweat01

P1060795

 

やっと蝶々深山へ到着!

P1060799_2

 

ここでお昼にしました happy02

他にもお昼タイムの登山者の方々がいっぱい。

P1060800tile

 

ここから少し下ると、物見岩がありました。

なんだか人の顔に見えますよね。

P1060805

 

ここからさらに下って、八島ケ原湿原へ向かいます。

P1060815

 

この湿原もまだ枯れた景色です。

P1060816

 

ここから車山の駐車場へ戻らなければならないのですが、

これがけっこう遠い。そして延々と続く、岩だらけの登り坂。

P1060827

 

40分ほど登ってようやく駐車場の近くへ。

汗だくになりました sweat01sweat01

P1060828

 

あのレーダードームからぐるっと回ってきたんですねぇ。

全周で9キロくらいありました。そりゃ疲れるわ~。

P1060832

 

駐車場にあったカフェで、オレンジジュースを一気飲みしました happy02

P1060833

 

なだらかそうで甘くみていた車山高原トレッキング。

距離はあるし、登り下りは続くし、けっこうキツイ山でした。

でも楽しかったですよ happy01

 

| | コメント (2)

2014年5月17日 (土)

大町 小熊山トレッキング

大町の小熊山へトレッキングに行きました。

大町の北、木崎湖のところにある、標高1,300mほどの山です。

木崎湖キャンプ場の駐車場に無料で車を停められます scissors

P1060562

 

ここから小熊山、黒沢高原へと続く舗装の林道がありますが、

その途中にトレッキングの登山道があります。

まずは、その登山道をめざして舗装路をテクテクと歩いて登ります。

木崎湖キャンプ場の地図

P1060564

写真をクリックすると拡大しますup

 

クマがよく出る山とのこと。

ちょっと怖い。

P1060569

 

ひたすら舗装路を登ります。

P1060571

 

途中、少しだけ木崎湖が見えたります。

P1060573

 

一時間ほど歩いて、ようやく登山道入口へ到着 sweat01

このあたりには駐車場がないので、

やっぱりキャンプ場から歩くしかないようです。

P1060575

 

入口には簡単な地図がありました。

写真をクリックすると拡大しますup

P1060578_2

 

地図にあるとおり、ここからは急な登りがひたすら続きます sweat01

P1060583

 

途中、展望はほとんどありません。

P1060585

 

ひぃひぃ言いながら、40分ほどで小熊山山頂へ着きました。

ここも展望がありません coldsweats01

P1060589

 

苦労して登ってきたのに、これでは面白くありません。

この先に、展望のよい場所があると事前にネットで調べていたので、

がんばってさらに北へ歩きます。

白樺林の隙間に北アルプスが見えました。

P1060593

 

途中、舗装路に出てはまた登山道に入る、を繰り返します。

登山道の入り口には、地図とアルファベットの記号があるので

わかりやすいです。

P1060595

 

延々と歩き、ようやく展望のよいパラグライダー場へ着きました。

P1060598_3


すっばらしい~景色!!

あそこから歩いて登ってきたなんて、我ながらすごい!

でもココ、舗装路で車やバイクでも来られるんですねぇ~ coldsweats01

お湯を沸かしてお昼にしました delicious

P1060606

 

ここからは帰りですが、行きのあの急坂を下る気力はなく、

この先を北に進んで木崎湖へ降りるルートを選びました。

たしか、「L」の看板の登山道を入ったと思います。

そこを進むと、木崎湖へ降りる分岐路に出ました。

P1060616

 

戦国時代の猿ケ城ののろし台跡がありました。

こんなところにお城を作っていたなんて、昔の人はすごすぎる。

名前のとおり、サルが林の中にいました。

P1060617

 

北の方には、青木湖が望めます。

P1060620

 

このルートもけっこうな急坂下り。

途中、ロープが張ってある場所もあり、緊張します。

P1060622

 

つづら折れの道をひたすら降ります。

がれきの道で、かなり歩きにくい。

もうかなりの距離を登って下ってきたので、

ヒザもモモもガクガク。

でも陽も傾いてきて不安な雰囲気。

がんばって降ります。

P1060624

 

かなり降りたところに、残雪がありました。

ここだけ残っているなんて、不思議。

P1060625

 

やっと里へ降りました。

ここが登山道の入り口になります。

P1060626

 

この舗装路を左に行くと、登山道へ。

P1060628

 

このあたりはハナモモが満開でした。

P1060629

 

ここから車を停めている木崎湖キャンプ場まで

歩いてもどらなければなりません。

湖の景色はきれいですが、足はボロボロです bearing

P1060633

 

湖沿いを小一時間ほど歩いて、駐車場まで戻りました。

あ~~よく歩いた~!

あとで地図で調べると、一周して10kmは歩いていると思われます。

ふだんこんなに歩かないので、もうぐったり。

この疲れは、2、3日続きましたよ coldsweats01

 

| | コメント (2)

2014年5月 2日 (金)

安曇野 桜の光城山

安曇野の光城山へ登りました。

里山の登山道ですが、この時期、

頂上まで延々と桜並木が続くそうです。

朝、ちょっと遅めに出たら、

ふもとの駐車場は順番待ちの渋滞になっていました。

20分ほどの順番待ちでようやく駐車 sweat01

P1060377

 

山登り装備のおじさん、山ガール姿の女の子もいれば、

スカートの女の子、高齢の方など、いろんな人々でいっぱい happy01

登り口からすぐに急坂の登山道が続きます。

P1060378

 

平地部分はほとんどなく、延々と続く登り坂。

途中振り返ると、安曇野の美しい景色が見えます。

P1060387

 

48rider は、すぐにハァハァと息が切れてきました。

それに比べて、高齢のおばあさんが、何気ない顔で

ゆっくりですがスタスタと登っていくのでびっくり。

48rider は汗だくで登ります。

40分ほどで頂上近くまできました。

最後に、急な階段が待ち構えています。

P1060430

 

この頂上は、昔の城跡だとか。

よくぞこんな場所にお城など建てたものだ。

昔の人は強かったのですねぇ~ wobbly

 

しかし、景色は最高。

桜の花と安曇野の平野、そして北アルプスが美しい。

P1060397

P1060414

P1060426

 

頂上から見えたのが、菜の花畑と思われる黄色いじゅうたん。

安曇野IC近くのスペイン村のあたりです。

下山して、行ってみました。

やっぱり、菜の花が満開でした。

P1060449

 

正面の山に見える、筋みたいなのが、

さっき登った光城山の桜の登山道。

 

いきなり始めた山登りで、

スネとふくらはぎが悲鳴をあげました。

このあと、お風呂屋さんへ行って、

疲れた筋肉をもみほぐしてきました~ happy02

 

| | コメント (0)

2014年4月27日 (日)

信州大町 鷹狩山

せっかく信州で暮らしているので、

今年は山登りに挑戦しようと思い立った 48rider。

まずは里山のトレッキングコースにトライ punch

大町の鷹狩山に登りました。

 

山岳博物館へ車を停めて登ります。

松本よりも遅くて、ちょうど桜が満開です cherryblossom

P1060318

 

博物館の駐車場から少し下ったところに、

トレッキングコースの登り口がありました。

P1060319

 

整備されたコースを登っていきますが、

他に誰もいなくて、クマが出そうで怖い。

リュックに付けた鈴を鳴らしながら登りました。

 

登り始めてすぐに息が切れてきた。

足が重~い。

一応、ジムへ行っているのに、

ゆるゆるのヘタレ精神で行っているので、ジムの成果はまったくなし coldsweats01

 

休み休みしながら、ゆっくりと登ります。

途中、山頂に続く舗装路に出ます。

P1060322

 

これ、土の山のように見えますが、

冬に除雪されたと思われる雪が、まだ溶けずに残っていました。

P1060323

 

舗装路からまたトレッキングコースに入ります。

P1060325

 

休み休みして一時間半ほどで、ようやく頂上に着きました sweat01

いや~~~、疲れた~~~!

春霞でぼやけていますが、いや~~~、絶景かな、絶景かな happy02

P1060334

 

ホームセンターで買ったコンロでお湯を沸かしてカップ麺!

P1060337

 

セブンイレブンで買ったオニギリ、大葉味噌。

フワフワな食感、旨みがある米の味、意外にイケる。

そして、苦労して登ったあとのこの景色!

美味しい~ heart04

P1060339

 

簡単ドリップのコーヒーも入れました。

SEIYUの「お墨付きシリーズ」、これも美味しいんですよねー。

P1060347

 

駐車場まで下ると、満開の桜でにぎわっていました。

P1060364

 

博物館から下ってすぐのところに、

桜並木の道の看板があったので行ってみました。

P1060371

 

こちらもすばらしい景色。

北アルプスと桜をいっぱい楽しむことができました happy02

 

帰りは大町市街地に入って、横川商店さんへ。

相変わらず、呑子さんが元気に店番をされていました happy01

P1060376

 

初めての信州の山登り、

疲れたけど、達成感のある楽しい一日でした happy01

 

| | コメント (2)