« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月27日 (日)

ハーレー娘 能登へ行く 2

能登ツーリングに行った次女が、無事帰ってきました。

この日の能登は、寒くて一周するのは断念したそうです。

二日めは雨に降られたとか。

砂浜を走れるなぎさドライブウェイは走ったそうですよ。

次女が、能登ツーリングのお土産を買ってきてくれていました。

P1070090

 

ホタルイカの沖漬、白エビの塩辛、

そして、金沢の純米吟醸。

うれしいですねぇ~。

帰省した浜松宅で、美味しくいただきました~ happy02

 

| | コメント (0)

2014年7月13日 (日)

ハーレー娘 能登へ行く

この休日、次女はロングツーリングに出かけるとのこと。

前に聞いていたのは、

「一人で浜松から日本海へ行くから、途中、松本でお父さんのアパートに泊めて」

って話。

ほほう、なかなか可愛いことを言うじゃん。

じゃあ、松本では、美味しい店に連れて行ってやるか、

って思ってたら・・・・

 

「彼氏も行くことになったから。行先は能登半島。松本には泊まらないから。」

impactpunchpout

 

土曜の朝、その彼氏が浜松宅に懐かしいカワサキZ1000 に乗って迎えに来ました。

P1070073

 

次女は、例のハーレー883 改。

気を付けて行って来いよ~

今日は、能登半島で雨に降られてるんだろうなぁ。

 

| | コメント (0)

2014年7月 6日 (日)

北八ヶ岳 北横岳

北八ヶ岳の北横岳へ登りました。

諏訪ICから R152、ビーナスラインの蓼科湖方面へと向かい、

北八ヶ岳ロープウェイの山麓駅へ行きます。

P1060993

 

ロープウェイは20分間隔の運転でした。

ここの標高は、1,771m。

P1060996

 

ここから標高 2,237m の山頂駅まで一気に上ります。

山頂駅のトイレは有料なので、山麓駅で済ませておくのがよさそうです。

 

P1070004

 

目の前には、「坪庭」と称した散策路があります。

ここは溶岩地帯で、森林限界のハイマツ帯となっています。

でも、ここから北横岳まではまた森林帯となる、不思議な地域。

P1070008

 

ここから左は、北横岳への登山道になります。

P1070011

 

岩場の森林の中をひたすら登ります。

途中、開けた展望はあまりありません sweat01

さらに、よかったはずの天気が変わり、雨まで降ってきました rain

幼稚園くらいの小さな子も登っていてびっくり。

P1070018

 

一時間ほど登って、北横岳ヒュッテへ到着。

完全に霧の中です。

P1070030

 

山頂まではここからさらに登ります。

P1070032

 

標高 2,471m の山頂へやっと着いたものの、激しい雨と風。

当然、展望は何もなし coldsweats01

P1070036

 

北横岳ヒュッテまで戻り、お昼にしました。

セブンイレブンのカツサンド、おいしいですよ smile

日が差さないのでどんどん体が冷えてきました。

気温もおそらく15度以下。

標高 2,400m ですから甘くみてはいけませんね。

P1070045

 

山頂駅まで戻りました。

このころには雨は止んでいましたが、展望台から見ると、

右側の黒い雲の下は、あきらかに豪雨となっている様子。

P1070054

 

予測はあたり、駐車場へ戻ると同時にゲリラ豪雨になりました。

ぎりぎりセーブで間に合った~ happy02

 

山登りも何度かトライして、少し脚力がついてきた感じがします。

それとも、登るコツを覚えて慣れただけかな? coldsweats01

 

| | コメント (2)

2014年7月 5日 (土)

信州上田 十割蕎麦 手打蕎道 奈賀井 

上田市の鹿教湯温泉の近くにある蕎麦屋、奈賀井さんへ行きました。

松本からは、三才山トンネルを超えて行きます。

P1060856

 

古民家風の造りのお店。

P1060859tile

 

こちらの蕎麦はすべて十割。

発芽粗挽き蕎麦をお願いしました。(1,365円)

黒い皮を取り除いた蕎麦の実を発芽させた、というめずらしい蕎麦です。

 

P1060858

 

噛むほどに蕎麦の甘味が立って、のど越しもよい。

そばつゆも柔らかく落ち着いた味で蕎麦の香りを引き立てます。

美味しい蕎麦でした~ happy02

 

note 十割蕎麦 手打蕎道 奈賀井

お店のホームページ

食べログの記事

地図 長野県上田市西内725-1

 

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »