« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月28日 (水)

飛騨高山ツーリング

浜松の隣人が主催する、毎年恒例の高山ツーリングへ行ってきました。

48rider は、南信州の合流地点を目指して、松本からXJR1300を走らせます dash

そういえば、これが今年初のツーリング scissors

 

合流地点は、毎年お世話になっている、南信州平谷村の酒屋、まつのやさん。

16台のバイクが集まりました。

毎回いろいろともてなして頂いていますが、今年はなんと山菜の天ぷら sign01

外の特設キッチン?で、自分たちで揚げながら頂きます delicious

P1060708

 

山菜は、店の回りに自生している、

フキ、イタドリ、ヨモギ、スギナなどを採ってきます happy01

写真は、フキ ↓

P1060709

 

楽しそうな隣人。

P1060706

 

これも恒例の記念写真。

P1060711

 

まつのや あっこさん、今年もお世話になりました。

ありがとうございました~。

夜の宴会用の酒たちを XJR1300 に積み込んで、

高山目指していざ出発!

 

お昼は、開田高原の蕎麦屋、霧しなさん。

P1060713

 

ざらっとした触感と香ばしさが特徴のそば。

おいしくいただきました。

P1060716tile

 

開田から高山へ抜ける途中のダムで小休止。

このアングルを撮るために展望の階段を登っていたら、、

「バ○は高いとこ登る」と隣人の声。

ちゃんと聞こえてるぞー pout

P1060721

 

4時には宿に到着~。

今年もお世話になるのは桑谷屋さん。

P1060733

 

温泉のお風呂に入って、夕食前に缶ビール!

そして、飛騨牛の夕食、ビールでかんぱい。

P1060728

P1060724tile

 

夕食後は、一番広い部屋を宴会部屋にして宴会開始。

P1060732

 

まつのやさんで仕入れた、あっこさんセレクトのお酒たち。

毎年、みんなこの利き酒会を楽しみにしているようです。

P1060731

 

全種類飲んで、おかわりして、けっこうな酔っ払いになりました。

みんなは高山ラーメンを食べに行ったようですが、

隣人と48rider はそのまま部屋へ直行、爆睡状態になりました sleepy

 

頭痛の残る朝、高山名物の朝市へ。

P1060736

 

露店でお土産を買いました。

宿の朝食は、やっぱりホウバ味噌。

ごはんがすすんでおかわりしました。

P1060739tile

 

浜松へ帰るみんなとはここでお別れ。

ちょっとさびしくなる瞬間です。

P1060741

 

雨の昨年は、コケる犠牲者が出ましたが、

今年はみんな無事で帰還したようです。

楽しい二日間でした~ happy02

 

| | コメント (2)

2014年5月18日 (日)

南信州飯島町 蕎麦ひねもす

南信州の飯島町に新しく開店した、蕎麦ひねもすさんへ行きました。

こちらは、浜松浜北にある、48rider お気に入りの蕎麦屋、

「そば処 身麻呂」さんの若夫婦が独立して開店したお店です。

駒ケ根ICからR153を少し南下したあたりにあります。

P1060634

 

お店の向かい側には広い駐車場があります。

P1060637

 

ご夫婦の手作りという看板。

いい感じですね~ confident

P1060638

 

以前は材木屋のお屋敷だったという、立派な店構え。

ひねもすの若奥さんのブログで事前情報を知っていましたが、

想像以上の広さと立派さに、自分のことのようにうれしくなりました happy02

P1060651

 

多くをご夫婦自ら改装したという店内、

ゆっくりとくつろげる、素敵な空間に仕上がっていました。

P1060647

 

お庭が眺められる特等席に案内していただきました happy01

P1060640

 

二種もりのそばをお願いしました(1,100円)

身麻呂さんと同じく、十割そばです。

P1060643tile

 

最初のそばは、地元飯島産のそば。

P1060644

 

見事に細く均等に切りそろえられたそば。

まずは、そばだけを一本すすります。

お~~っ!

なかなか、いい香りが立ちますよ。

お次は、テーブルに置いてある、

ヒマラヤ産のクリスタル岩塩をかけていただきます。

しょっぱいはずなのに、そばの甘味がでます。

そしていよいよそばつゆへ。

うぉ~~!

さらに甘味が増して、香りも鼻にいっぱい抜けてきます。

ご主人~っ、すばらしいよ~! happy02

 

二種めは、八ヶ岳産の超粗挽きそば。

そばの黒い皮は取り除かれた粗挽き。

P1060646

 

しっかりとした歯ごたえで、すするというより噛んで食べる感じ。

 

久しぶりにお会いしたご夫婦としばらくお話も楽しませていただきました。

お店の裏にある、古い蔵も見せていただきましたよ。

P1060650

 

ひねもすのご主人に、

「あそこに見える陣馬形山の頂上からの眺めが最高ですよ」

と教えていただいたので、行ってみることに。

店の窓の正面に見えていた山です。

道の分岐もいっぱいあり、すれ違いのむずかしそうな

細い道もありますが、なんとか頂上へ到着。

P1060658_2

 

この駐車場からの眺めも良かったのですが、

さらに向うにも人影が。

ここを登っていくと・・・・

P1060661

 

うぉ~~~っ!

超展望 sign03

写真をクリックすると拡大します up

P1060669

 

まさに、すばらしいの一言。

圧巻の展望です。

 

ひねもすのご主人が言っていた、双眼鏡もありました。

これ、なんと無料なんですよ。

中央アルプスの山々がすごく大きくくっきりと見える!

ひねもすの蕎麦屋もしっかりと見えました happy01 scissors

P1060677

 

頂上のプレートには、

中央アルプスと南アルプスの山々の名前が書いてあります。

P1060680

 

陣馬形山は、登山道もあるようです。

こんど登ってみるかなー happy01

 

note 蕎麦ひねもすさんのブログ

 

 お店情報

| | コメント (2)

2014年5月17日 (土)

大町 小熊山トレッキング

大町の小熊山へトレッキングに行きました。

大町の北、木崎湖のところにある、標高1,300mほどの山です。

木崎湖キャンプ場の駐車場に無料で車を停められます scissors

P1060562

 

ここから小熊山、黒沢高原へと続く舗装の林道がありますが、

その途中にトレッキングの登山道があります。

まずは、その登山道をめざして舗装路をテクテクと歩いて登ります。

木崎湖キャンプ場の地図

P1060564

写真をクリックすると拡大しますup

 

クマがよく出る山とのこと。

ちょっと怖い。

P1060569

 

ひたすら舗装路を登ります。

P1060571

 

途中、少しだけ木崎湖が見えたります。

P1060573

 

一時間ほど歩いて、ようやく登山道入口へ到着 sweat01

このあたりには駐車場がないので、

やっぱりキャンプ場から歩くしかないようです。

P1060575

 

入口には簡単な地図がありました。

写真をクリックすると拡大しますup

P1060578_2

 

地図にあるとおり、ここからは急な登りがひたすら続きます sweat01

P1060583

 

途中、展望はほとんどありません。

P1060585

 

ひぃひぃ言いながら、40分ほどで小熊山山頂へ着きました。

ここも展望がありません coldsweats01

P1060589

 

苦労して登ってきたのに、これでは面白くありません。

この先に、展望のよい場所があると事前にネットで調べていたので、

がんばってさらに北へ歩きます。

白樺林の隙間に北アルプスが見えました。

P1060593

 

途中、舗装路に出てはまた登山道に入る、を繰り返します。

登山道の入り口には、地図とアルファベットの記号があるので

わかりやすいです。

P1060595

 

延々と歩き、ようやく展望のよいパラグライダー場へ着きました。

P1060598_3


すっばらしい~景色!!

あそこから歩いて登ってきたなんて、我ながらすごい!

でもココ、舗装路で車やバイクでも来られるんですねぇ~ coldsweats01

お湯を沸かしてお昼にしました delicious

P1060606

 

ここからは帰りですが、行きのあの急坂を下る気力はなく、

この先を北に進んで木崎湖へ降りるルートを選びました。

たしか、「L」の看板の登山道を入ったと思います。

そこを進むと、木崎湖へ降りる分岐路に出ました。

P1060616

 

戦国時代の猿ケ城ののろし台跡がありました。

こんなところにお城を作っていたなんて、昔の人はすごすぎる。

名前のとおり、サルが林の中にいました。

P1060617

 

北の方には、青木湖が望めます。

P1060620

 

このルートもけっこうな急坂下り。

途中、ロープが張ってある場所もあり、緊張します。

P1060622

 

つづら折れの道をひたすら降ります。

がれきの道で、かなり歩きにくい。

もうかなりの距離を登って下ってきたので、

ヒザもモモもガクガク。

でも陽も傾いてきて不安な雰囲気。

がんばって降ります。

P1060624

 

かなり降りたところに、残雪がありました。

ここだけ残っているなんて、不思議。

P1060625

 

やっと里へ降りました。

ここが登山道の入り口になります。

P1060626

 

この舗装路を左に行くと、登山道へ。

P1060628

 

このあたりはハナモモが満開でした。

P1060629

 

ここから車を停めている木崎湖キャンプ場まで

歩いてもどらなければなりません。

湖の景色はきれいですが、足はボロボロです bearing

P1060633

 

湖沿いを小一時間ほど歩いて、駐車場まで戻りました。

あ~~よく歩いた~!

あとで地図で調べると、一周して10kmは歩いていると思われます。

ふだんこんなに歩かないので、もうぐったり。

この疲れは、2、3日続きましたよ coldsweats01

 

| | コメント (2)

2014年5月12日 (月)

松本酒場放浪記 うちなー食堂 島家

松本の沖縄料理店、うちなー食堂 島家さんへ行きました。

松本城の西、昔の歓楽街、西堀という小さな通りにあります。

P1060082

 

カウンターとテーブル一席くらいの、こじんまりとした店内。

カウンターには、常連さんと思われる一組、

入口側の空席に座りました。

 

人柄のよさそうな若い店主、

海ブドウをお願いしましたが、この日は店主の気に入る

ものが手に入らなかったそうで、ありませんでした。

明太豆腐、もずくの天ぷら、ゴーヤーチャンプルーをお願いしました。

P1060077tile

 

アルコールは、オリオンビールで始まって、

その後はもちろん泡盛へ。

締めはソーキそば。

美味しくいただきました~ happy02

 

note うちなー食堂 島家

食べログの記事

地図 松本市大手2-9-26

TEL 0263-32-6030

営業時間 17:00~翌1:00(L.O.24:00)

定休日 火曜日

 

| | コメント (0)

2014年5月 4日 (日)

沼津港 深海水族館 すし廻鮮うお亭

GW後半、沼津へ行きました。

新東名は渋滞もなく快調 note

目的地の沼津港へ近づくと、渋滞が始まりました。

駐車場もいっぱいで、停めるのも大変です sweat01

P1060534

 

お目当ては、深海水族館。

P1060530

 

GW中に、駿河湾の深海魚のTV番組があったせいなのか

何かわかりませんが、

まったく予期せぬ大行列!wobbly

「最後尾」プラカードを持ったお姉さんが、

「こんな行列になったのは初めてです」と言っていました coldsweats01

P1060491

 

お姉さんに「二時間待ちです」と言われましたが、

カミさんの要望で並ぶことに coldsweats01

でも、一時間ほどで館内に入ることができました。

館内も当然のことながら、人でいっぱい。

それでも、深海の生物をいろいろと見ることができましたよ。

話題の「オオグソクムシ」もいましたが、

コンパクトデジカメではうまく写りませんでした。

P1060512tile

 

魚市場の二階に回転寿司があったので行ってみました。

「すし廻鮮 うお亭」さん。

地物の生しらす、桜えび、あじが楽しめる「駿河ずくし」など、

いろいろとお願いしました。

P1060537tile

 

市場のとなりに、展望水門があったので登ってみました。

入場料100円です。

P1060558

 

夕日が落ちてしまいましたが、もう少し早ければ、

美しい夕日が見られたかもしれません。

 

沼津港と富士山の風景もいい感じでしたよ。

P1060560

 

帰りも渋滞もなく、快調に浜松まで帰ることができました。

三ヶ日から岡崎までは「30km渋滞」って情報が出ていましたが・・・

 

| | コメント (0)

2014年5月 3日 (土)

飛騨高山 アルプス展望公園 国八食堂ホルモン焼き

4月のことですが、飛騨高山へ行きました。

まずは、行先目標のひとつ、アルプス展望公園スカイパークへ。

ナビで検索できずに手間取りましたが、

着いてみると高山の街中からすぐのところ coldsweats01

アルプス展望公園スカイパークの地図

P1060224

 

天気が曇りで心配しましたが、アルプスは見ることができました。

槍ヶ岳、穂高連峰、乗鞍岳などが見えましたよ eyeshine

P1060230

 

次の目標は、国八食堂さん。

高山の街中を出てR41を北上します。

国八食堂さんの食べログの記事

P1060235

 

こちらは、豆腐鉄板焼き、ホルモン鉄板焼きなどが名物とのこと。

人気店のようで、少し順番待ちとなりました。

ほどなくして席に案内され、ホルモン鉄板焼き定食をお願いしました。

P1060238tile

 

甘辛い味噌味でこってりしたホルモン焼き。

ごはんとの相性は抜群 heart04

鉄板でアツアツジュウジュウのところを

美味しくいただきました happy02

 

最後の目的地は、さらに北上した飛騨古川町。

市役所に無料で車を停めることができました。

いいサービスですよね scissors

少し歩くと、古い町並みを散策することができます。

P1060241

 

高山と違って、観光客はほとんどいない。

高山は人が多すぎて落ち着けませんが、

古川町はゆっくりと散策を楽しめます confident

P1060247

 

酒蔵も二蔵ありました。

そのうちのひとつ、蓬莱で地酒を買いました。

P1060252

 

アパートへ帰ってから、さっそく高山の地酒で晩酌。

信州のお酒と比べると、硬い感じで男気を感じる味わいでした bottle

 

| | コメント (0)

2014年5月 2日 (金)

安曇野 桜の光城山

安曇野の光城山へ登りました。

里山の登山道ですが、この時期、

頂上まで延々と桜並木が続くそうです。

朝、ちょっと遅めに出たら、

ふもとの駐車場は順番待ちの渋滞になっていました。

20分ほどの順番待ちでようやく駐車 sweat01

P1060377

 

山登り装備のおじさん、山ガール姿の女の子もいれば、

スカートの女の子、高齢の方など、いろんな人々でいっぱい happy01

登り口からすぐに急坂の登山道が続きます。

P1060378

 

平地部分はほとんどなく、延々と続く登り坂。

途中振り返ると、安曇野の美しい景色が見えます。

P1060387

 

48rider は、すぐにハァハァと息が切れてきました。

それに比べて、高齢のおばあさんが、何気ない顔で

ゆっくりですがスタスタと登っていくのでびっくり。

48rider は汗だくで登ります。

40分ほどで頂上近くまできました。

最後に、急な階段が待ち構えています。

P1060430

 

この頂上は、昔の城跡だとか。

よくぞこんな場所にお城など建てたものだ。

昔の人は強かったのですねぇ~ wobbly

 

しかし、景色は最高。

桜の花と安曇野の平野、そして北アルプスが美しい。

P1060397

P1060414

P1060426

 

頂上から見えたのが、菜の花畑と思われる黄色いじゅうたん。

安曇野IC近くのスペイン村のあたりです。

下山して、行ってみました。

やっぱり、菜の花が満開でした。

P1060449

 

正面の山に見える、筋みたいなのが、

さっき登った光城山の桜の登山道。

 

いきなり始めた山登りで、

スネとふくらはぎが悲鳴をあげました。

このあと、お風呂屋さんへ行って、

疲れた筋肉をもみほぐしてきました~ happy02

 

| | コメント (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »