« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月25日 (火)

諏訪 手打ちそばや 福よし

諏訪の手打ちそばや 福よしさんへ行きました。

諏訪ICから、諏訪大社上社へ向かう途中にあります。

P1050817

 

入口の張り紙に自信のほどが伺えます happy01

P1050818

 

お昼1時を過ぎていたので、店内は空いていました。

P1050827

 

この日は冷えていたので、鴨せいろ(1,380円)をお願いしました。

P1050823

 

冷たいそばにあったかいツユの組み合わせもイケます scissors

こちらの特徴は、そばの食感。

モチモチ、クニュクニュ、歯ごたえがあるけど柔らかい。

甘い香りも楽しめます。

P1050822tile

 

そば湯はトロトロ。

美味しくてあったまりました~。

ごちそうさま~ happy01 scissors

 

note 手打ちそばや 福よし

お店のホームページ

食べログの記事

 

| | コメント (0)

2014年2月23日 (日)

松本酒場放浪記 喰みくさ亭 胡魯(ころ)

松本のブエナビスタの近くにある、

喰みくさ亭 胡魯さんへ行きました。

店構えがきれいで、以前から気になっていたお店です happy01

P1040832

 

数席のカウンターと、奥にお座敷。

お座敷に一組宴会の模様。

誰もいないカウンターに座ります。

きれいな店内で落ち着いた雰囲気です confident

 

真鯛と蛤の酒蒸し、お酒は、田酒 純米をお願いします。

P1040833tile

 

つづいて、

秋鮭と白子のホイル焼き、新サンマの炙り焼き 肝醤油で、もお願い。

(秋に訪れたお店です。今ごろ記事をアップ ^^;)

丁寧に造られた料理は素材の味が楽しめて美味しい。

穏やかな店主のもてなしも心地が良いです。

 

ごちそうさまでした~ happy02

 

bottle 喰みくさ亭 胡魯(ころ)

食べログの記事

地図 松本市本庄1-3-17

営業時間 11:30~13:40(L.O) 17:30~22:00(L.O) ランチ営業

定休日 日曜・祝日

TEL 0263-34-0606

 

| | コメント (0)

2014年2月15日 (土)

松本 大雪 2

先週末に続き、またもや来ました、南岸低気圧。

金曜午後から降り出した雪は、

その日の夕方には車のタイヤがうまるほどに despair

会社からはなんとか帰宅し、開けて土曜日の朝。

アパートの駐車場は、大変なことになっていました sign03

P1060031

 

土曜日の松本の積雪量は72センチ bearing

クルマは完全に雪に埋まってしまいました。

P1060033

 

ここから車を出せるまでの雪かきは、並大抵ではありません shock

P1060035

 

そして、せっかく走り出しても、

FRのBMW 120i は、圧雪していない路面ではすぐにタイヤが空回り shock

大変な一日になってしまいました downdowndown

 

来週も火水あたりに大雪予報が・・・・ sad

 

| | コメント (0)

2014年2月11日 (火)

松本 大雪日本一

この前の土曜日は、大変な大雪でした snowsnowsnow

松本はこの日、日本一の積雪量だったそうですね。

NHKの公表では49センチだとか。

 

48rider は浜松に帰省していたので、

残念ながら?降り積もる大雪を体験することはできませんでした coldsweats01

 

開けて日曜日。

いつものルートで、早めに松本へ向かいました。

途中、愛知と長野県境の津具村あたりは、

砂糖をまぶしたお菓子のようなきれいな雪景色 shine

P1060024


な~んてのんきなことを言っていられたのは松本へ着くまで。

アパートへ到着すると、駐車場は50センチの雪でおおわれています sign01

P1060028

 

荷物の片づけもそこそこに、雪かき開始 impact

2台分くらいの面積があるので大変!

4時前から始めて、終わったのは7時。

P1060029

腕はパンパン。

腰と足はガクガク。

疲れた~~ bearing

かまくらができそうなくらいの雪の山になりました。

P1060030

 

月曜日の今日は、朝からひどい全身筋肉痛 impact

今年は雪が少なくてさびしい、なんて言っていましたが、

いざ大雪になると、もうこりごりですねぇ~ bearing

 

| | コメント (0)

2014年2月 7日 (金)

BMW 120i M Sport インプレッション 5

BMW 120i インプレッション、最後は「走り」です dash

 

走り出してすぐに感じるのは、車体剛性の高さ。

荒れた路面でも、ボディのヨレをほとんど感じない。

フロントのラジエーター・グリルから見えるのは、

車体剛性を高めるためであろう、スタビライザー。

こういった補強構造が、高い剛性感を作っているのでしょう。

P1050997

 

ブレーキの効きはとても強力。

下りの峠道でも信頼できる制動力を発揮してくれます。

一方、土砂降りの雨の中では、著しく効きが甘くなったと

感じることがありました。

そして、これはブレーキのせいかどうか分かりませんが、

停止間際のコントロールが非常に難しい。

停まる寸前のショックを感じることなく、すうっと停止させたいのですが、

それができるのは稀。

ほとんどは、わずかに「ガクっ」っとショックが出てしまいます。

 

3つの走行パターンが選べる、ドライビング・パフォーマンス・コントロール。

エンジン始動後は、デフォルトで真ん中の「コンフォート・モード」になります。

P1050926

発進加速時は、2000回転くらいでシフトアップしていく感じ。

早めのシフトアップだけでなく、ガソリンの供給も制御しているのか、

少しダルい感じの加速感です。

街中走行では、一般的な車の加速感と同じような感覚で走ることができて、

普通に運転ができる感じです。

 

エコ・プロ・モードは、燃費を重視したモード。

走行特性の他にもエアコンもエコを重視した制御をします。

P1050925

このエコ・プロ・モード、街中走行ではアクセル踏み込み量に対する

パワーの出方がダルすぎて、48rider 的には使い物になりません。

このモードを使うのは、高速道路だけにしています。

 

最もスポーティな走りになるのが、スポーツ・モード。

P1050927

このモードは、エンジン特性が別物のように豹変します。

シフトアップ時の回転数が上がるだけでなく、

ガソリン供給制御もベストな状態にして、強力なパワー感を

引き出しているものと思われます。

峠道のスポーツ走行は、このモードで決まり scissors

一方、街中走行ではムダにエンジン回転数が上がり、

交通の流れに合わない走りになってしまいます。

すなわち、燃費もよくないワケで、街中で使う意味はあまりなさそうです。

 

この図は、カタログに掲載されているエンジン・パワー特性。

(クリックすると拡大します)

P1050882crop_2

1500rpmから4500rpmの通常使用域の間で最高トルクを出すという

フラット・トルク特性。

この特性が、アクセル開度に対してリニアで強力なパワーを発揮し、

結果として、コントロールしやすく、気持ちのいい加速感を

生み出しているのでしょう。

 

峠道を走ると、このクルマの楽しさが分かります。

前の愛車ロードスターは、軽量、ショートホイールベースの特性を活かして、

クイックな感覚でヒラヒラとコーナーを駆け抜ける感じ。

それに比べると 120i はさすがに1.4t の重量からくる慣性を感じますが、

サーボトロニック付きのバリアブル・スポーツ・ステアリングの効果か、

FRらしい素直でクイックなハンドリング感覚。

そして、がっちりとした車体と、固めだけれどもダンピングがほどよく調整された

M Sport サスペンションで、抜群の安定感で旋回することができます。

 

8速オートマチックの仕上がりは秀逸。

マニュアルシフトだったらここまで回転数を引っ張ってシフトアップ、

という感覚と同じ回転数でチェンジしてくれます。

音でシフトアップ/ダウンが分かりますが、ショックはまったくありません。

 

マニュアルシフトを操作する楽しさは奪われましたが、

強力なエンジンパワーと、強靱な足回りで、峠道を走る楽しさは

ロードスターのときとまったく変わりありません。

もちろん、高速道路はロードスターよりも静粛ではるかに快適。

 

購入して4か月でもう1万キロを超えました。

同クラスの日本車よりも高い買い物ですが、

所有する喜び、運転する楽しさを与えてくれるBMW のクルマ作りの哲学は、

とても共感できて、充実した車生活を楽しんでいます happy01

 

note 参考燃費情報

※満タン給油時に計測した燃費です。

・平均燃費 13.2 km/L (10,000km走行)

・最良燃費 15.1 km/L (主に高速道路走行)

・最悪燃費 8.6 km/L (主に通勤に使用)

 

終わり

 

| | コメント (2)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »