« 飛騨高山ツーリング 4 | トップページ | 浜松 イタリア食堂 ボンザリーノ »

2012年5月31日 (木)

飛騨高山ツーリング 番外編

高山ともお別れし、

R158で松本へ向かいます。

 

平湯の手前の峠道は快適 note

山にはまだたくさんの雪が残っていました。

トンネルを抜けて、山深い平湯を見下ろす景色が

秘境のようで大好きです。

 

平湯では神の湯に寄って、

ちょっと温泉タイム spa

P1150523

小さな露天風呂ですが、

野趣あふれる開放感のある温泉です。

 

安房峠は、有料トンネルを通らずに、

旧道の峠越えを選択。

天気がいいから、峠ではこの景色 shine

P1150528_2

まだ雪多い、穂高がお見事 happy02

このすばらしい景色を見ずに、トンネルを抜けるなんて、

もったいなすぎます!

 

峠を降り、ダムを過ぎ、

松本市安曇の風穴の里、稲核(いねこき)にある、

手打ちそば わたなべ さんへ。

P1150529

 

手打ちもり(大)をお願いします。

このそばが素朴で美味しいんですよ!

P1150532

 

ここでは必ずついてくるのがコレ。

稲核菜(いねこきな)という、

稲核地区特産の菜っ葉の漬物です。

P1150533

 

自然な味わいの漬物にほっとします。

さらに、レタスのサラダも出ましたよ。

これで 550円ですから、びっくりします happy02

 

二日間の高山ツーリング、

た~っぷりと楽しみました~ happy01 scissors

 

走行距離 401km

|

« 飛騨高山ツーリング 4 | トップページ | 浜松 イタリア食堂 ボンザリーノ »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539165/54836757

この記事へのトラックバック一覧です: 飛騨高山ツーリング 番外編:

« 飛騨高山ツーリング 4 | トップページ | 浜松 イタリア食堂 ボンザリーノ »