« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

ワイナリーフェスタ後 松本 地中海料理セロニカ

塩尻ワイナリーフェスタが終わって、

松本へ戻ってきた 48rider チーム。

 

浜松からのお客さん3人に、松本の街を楽しんでもうらおうと、

二次会を企画

地中海料理セロニカ さんへ行きました。

 

ここはワインの品揃えが200種類以上と、すごく豊富。

はじめにシャンパーニュをお願いしますが、

よくわからないのでセロニカのママに、

お奨めの手ごろなイタリアの物を選んでもらいました。

P1130176

 

お願いした料理はどれも美味しいと、

浜松チームも喜んでくれます

P1130177 P1130178

P1130179 P1130183

 

赤ワインも、お手ごろなイタリアのフルボディを

ママに選んでもらいました。

P1130182

P1130180

 

メインのお皿は、海鮮のパエリア。

P1130184

 

みんなに分けるように、W妻に切り刻まれるエビ

P1130185

 

48rider は、浜松の3人のお客さんとはこの日が初対面でしたが、

皆すぐに打ち解けていただいて、

美味しく楽しい時間が過ぎていきました

P1130186

 

あれ、W夫が写真に写らなかったなぁ・・・

ま、いいっか~

 

この後6人は、松本の街をぶらりと散策します。

 

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月30日 (日)

塩尻ワイナリーフェスタ2011

10月29日(土)、塩尻ワイナリーフェスタ に行ってきました~

今年から、完全前売り券制。

当日券の販売はありません。

 

朝10時、ワインのお客で、塩尻駅前は見たこともないような大混雑

P1130100

 

駅前広場で、チケットをワイングラスに交換してもらいます。

Img_2245

 

アルクマくんが迎えてくれます

Img_2248

 

ウェルカムワインの樽が、どど~んと並んでいます。

もちろん、飲み放題

P1130111

 

もらったワイングラスはコレ。

木曽の漆塗りのおしゃれなグラス

P1130105

 

あさ10時から、さっそくカンパ~イ

この白、なかなか美味しい!

どこのワインなのかな?

P1130103

 

本日のメンバーは、

W夫妻、N妻、48rdier の4人。

W夫妻の浜松の友達3名も来るはずなのですが、

ちょっとハプニングがあり、ここでは4名で乾杯。

3人そろって、松本駅で反対方向の電車に乗ってしまったらしい (^^;

 

4人は、とりあえず塩尻駅のとなりにある、サントリーへ。

 

サントリー

P1130112

 

塩尻駅のとなりに、サントリーのワイン工場があるとは、

初めて知りました

大企業なので、近代的な工場を想像していたら、

地元の蔵元さんと同じく古びた建物だったのが意外。

P1130115

 

牛ホホ肉の赤ワイン煮 (1,000円)が美味しそうです。

P1130116

 

でも、48rider チームには、いいものがあるのだ~。

W妻さんの手作りおつまみ

P1130119 P1130120

 

無料試飲は、高山村シャルドネ と、塩尻メルロ

P1130118

浜松の3人が来るまで、サントリーでのんびりとしました。

 

信濃ワイン

12時になって、浜松チームの3人が塩尻へ到着したので、

さっそくシャトルバスに乗って信濃ワインへ。

P1130122

 

りっぱな社屋の二階が無料試飲コーナー。

ものすごい人だかり!

ナイアガラ、シャルドネ、コンコード、メルロなどが頂けます。

P1130123

 

外では即席のイスとテーブルで、みんな盛り上がっています

P1130135

 

48rider チームもご覧のとおりの宴会状態

P1130132

 

五一わいん

つづいて向かったのは、五一わいん。

P1130140

 

こちらも大盛況で満員!

Img_2254

 

無料試飲は、ナイアガラやコンコードの新酒。

そして、工場見学もやっていたので参加。

こちらは地下のワインセラー。

ブランデーの樽と年代物のワインを貯蔵しているそうです。

P1130148

 

アイスワインになる、ぶどうの搾り汁を試飲。

凍らせたぶどうを搾ると、余分な水分が抜けて

糖度が増すそうです。

すごく甘くてびっくり。

P1130155

 

地下の樽貯蔵庫も見学。

高級なワインはこちらで熟成。

古くなって捨てる樽は、ワインバーのテーブルや、

植木鉢などに再利用されるそうです。

なるほど~

P1130157

 

井筒ワイン

もうフェスタの時間もなくなってきました。

最後は、五一わいんのとなりにある、井筒ワインです。

P1130159

 

無料試飲は外のテントで。

P1130161

 

とばかり思っていたら、

売店の中でも試飲ができるとのこと。

P1130164

こちらは、なんと手酌オーケー

しかも、10種類くらい試飲できます

ぜ~んぶ試飲させていただきました~

 

井筒ワインで時間切れ。

最終のシャトルバスに乗って塩尻駅へ向かいます。

P1130166

 

夕方の塩尻駅、まだまだ大勢の人でいっぱい。

P1130173

 

塩尻ワイナリーフェスタ、48rider は今回が初めての参加でした。

ワインは、女性ファンが多いですね。

お客の半分以上は女性だったのではないでしょうか?

 

会場は他にも、

塩尻志学館高校

松本歯科大学、

JA桔梗が丘ワイナリー

Kidoワイナリー

もありましたが、のんびりしていると回りきれないですね。

 

初めての塩尻ワイナリーフェスタ、大満足でした~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月29日 (土)

お酒長持ち スコスコっとワインキーパー

こんなスグレモノをゲットしました

 

スコスコっとワインキーパー

 

P1130093

 

ワインや日本酒を飲み残したら、冷蔵庫で保管しますが、

数日経つと味が変わってきます。

これは、お酒が空気に触れて酸化するのが原因といわれます。

 

ワインキーパーは、瓶の中の空気を抜いて、

酸化を防ぐというもの。

お酒の管理をしっかりしている居酒屋さんでよく見かけますね

 

こんな風に瓶に挿して、

レバーをスコスコ動かして空気を抜きます

P1130097

 

これでまた、お酒が美味しく飲めます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

今日の常念岳 2011.10.27

久しぶりの常念岳です。

 

夏の間は雲に隠れてなかなか姿を見せなかったですが、

秋になって見える日が多くなりました。

P1130092

 

まだ雪はかかっていないですね。

画像をクリックすると大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月27日 (木)

松本 そば処みやま ラーメン

P1130069

 

松本の美ヶ原温泉にある、そば処みやま さんへ行きました。

前回来たときに食べたのは、もりそば。

今回は、ラーメンが目的です。

前回のもりそばの記事はこちら

 

営業時間は、9:30~12:30。

お昼前に行かないと、閉まってしまいます

 

店内は狭く、11:30に行ったら、すでに満員。

Img_2240

 

上の写真の、おじさん、おばさん、

もりそばを食べたあと、ラーメンも完食していました

 

48rider はラーメンのみを注文 (650円)

P1130072

 

醤油スープは、あっさりしつつも、よくダシが出て美味しい。

ちじれ細麺もシコシコとコシがあります。

P1130074

 

シャーシューは、こんなに分厚いのが入っていました。

P1130075

 

一杯で、お腹いっぱいになりました

 

この店は狭くて満員なので、合席があたりまえ。

前に座った、いかにも地元のおじいさん。

なぜか、そばちょこがふたつ出てきました。

そのわけは・・・・

もりそば2枚

Img_2243

 

「う~んまい、う~んまい」を連発しながら食べるおじいさん。

おひさまの松本弁、 「う~んまい」 

やっとネイティブの方言を聞けたぞ~

 

そば処みやまさんはこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

松本 麺肴ひづき 味噌ラー麺

松本の大手にあるラーメン屋、麺肴ひづき さん、

前回美味しかったので、再び訪れました。

前回の醤油麺あっさりの記事はこちら

P1130028

 

今度は、味噌ラー麺 (750円)をお願い。

P1130025

 

味噌の味は強すぎずに、甘くコクのあるスープ。

う~ん、美味しいなぁ~

 

麺は極太麺。

かなり太いので、すするのはちょっと大変。

もっちり感たっぷりです。

P1130026

 

こんな立派なチャーシューが2枚も

脂がくどくなくて、これなら 48rider でも2枚は平気。

最近、脂の濃いチャーシューは苦手(^^;

P1130027

 

メンマもコリコリして、相変わらず美味しい。

やはり、素材のレベルの高さを感じるラーメンでした。

 

ごちそうさま~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

松本 蕎麦倶楽部 佐々木

二次会が終わって、雷電さんを出ます。

S夫妻とS姫はここで解散。

 

「48rider さんはどうしますか?」

「佐々木さんの蕎麦で締めようかな~」

 

W夫妻とM夫妻が、48rider のわがままに付き合ってくれました

 

駅前から、女鳥羽川、なわて通りを歩いて、

大手の 蕎麦倶楽部 佐々木 さんへ行きます。

P1120998

 

佐々木さんは、日本酒と蕎麦が楽しめるお店。

今日の〆の日本酒はこちらです。

酒屋では売り切れ続出の、

木曽の酒 十五代 九郎衛門ひやおろし

そして、

安曇郡池田町の酒 福源 蔵出し無濾過生原酒

P1130001

 

地元の陶芸家の酒器も売っています。

こんなの欲しいな~

とても手の出る値段じゃないんですけどね

P1130002

 

この器で飲む日本酒は、また格別に旨い。

味がまろやかになる感じがするんですね~

P1130003

 

おつまみは、

山芋の皮の素揚げ、かまぼこ、自家製のりの佃煮。

P1130004

 

佐々木さんの蕎麦は絶品。

細くてシャキシャキ。

日本酒に合うんだなぁ、これが

P1130006

 

美味しかった。ご馳走様です。

 

この日は、ワイン巡り、居酒屋、蕎麦屋、と

本当によく遊んだ一日でした~

 

蕎麦倶楽部 佐々木さんはこちら

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

松本 信州酒場 雷電

話が前後してしまいますが、

美ヶ原温泉ワイン巡り の後、48rider 組は二次会へ突入~

 

松本駅でバスを降りると、新しいモニュメントがあるのに気がつきました。

小澤 征爾さんの碑です。

P1120986

 

二次会は、駅前の信号を渡って、中島酒店さんを過ぎて

すぐの居酒屋、雷電 さん。

今年開店した新しい店です。

途中、中島酒店の美人女将にあいさつで手を振ると、

店の外まで出てきてくれました

P1120987

 

秋の日本酒、ひやおろしがそろっていました。

S姫さんと 48rider は、さっそくひやおろしを注文

P1120988

 

小説 神様のカルテに登場する、 佐久の花 も宣伝。

映画でも佐久の花が映っていましたね。

P1120997

 

みんなそれぞれ好きなお酒を注文し、かんぱ~い

P1120989

 

おつまみは、こんな感じ。

旬のギンナンが美味しい。

P1120992

P1120993 P1120994

P1120995 P1120996

 

オクラのベーコン巻きもおいしかったですよ

 

生ビールは480円、おつまみもお手ごろ価格。

気軽に行ける居酒屋、雷電さんです

 

信州酒場 雷電さんはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

松本 らーめん 亀ノ家

厨 十兵衛を出て、姫たちを見送った後、

松本駅に立つ 48rider 。

かな~りの酔っ払い

 

「〆にラーメンでも食べようっと

松本駅を背にして、また繁華街方面へ

 

呼び込みのお兄さん、お姉さんをかわしながら、

駅からすぐのラーメン屋、

らーめん 亀ノ家 さんを発見。

P1120941

 

らーめん (600円)をお願い。

 

P1120939

 

値段の割りにはボリューム満点

あっさりスープで細麺の、昔ながらのしょうゆラーメン。

P1120940

 

600円でこのボリュームはすごい!

後でM夫から聞いた話では、

亀ノ家さんはみそラーメンがオススメだとのこと。

しょうゆも美味しかったですよ

 

お酒 → ラーメン のコースは体に良くないと知っていても、

やってしまうんだな~

 

この日は、アパートまで2kmほど歩いて帰りましたよ。

酔っ払ってフラフラしながら

 

らーめん 亀ノ家さんはこちら

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

信州松本 居酒屋 厨 十兵衛

P1120934

のん兵衛仲間の姫二人に誘われて、

お気に入りの居酒屋、

厨 十兵衛(くりやじゅうべえ) さんへ行きました。

 

十兵衛さんは、予約を受けないので早めに行かないと満席で座れません。

定時の2分後には速攻退社

6時半、48rider が先に十兵衛さんへ到着。

テーブルは満席、でもまだカウンターが空いてる~

 

「3人でお願いします」というと、

気が利くマスターは、

カウンターの角に席を3つとってくれました。

これだと3人で話がしやすもんね

 

映画 神様のカルテ に出る居酒屋のロケ地になった十兵衛さん。

映画のポスターは貼ってありますが、

ロケ地になったとはどこにも宣伝なし。

マスターらしいなぁ

P1120933

 

姫たちがくるまでまだ時間があるので、

お先に松本の地酒、笹の誉 をお願いします。

P1120911

 

そうこうするうちに、のん兵衛嬢その一、S姫さん登場。

のん兵衛だから、最初から日本酒

ダンナ様の名にあやかって、山口の酒、 をお願い。

 

そしてのん兵衛嬢その二、M妻さん登場。

佐久の酒、帰山 をお願いし、3人そろってカンパイです

P1120912

 

おつまみには、まずはノドグロの刺身。

プリップリの噛み応え。

旨~っ

P1120915

 

万願寺ししとう焼き。

48rider がつまんだのだけ辛いのかと思ったら、

姫たちのも辛かったようです。

P1120916

 

一番若いS姫さんは食欲旺盛、

「何かガッツリ系が食べたい」

というので、揚げ物もお願いしました

P1120922 P1120923

 

馬刺しもお願い。

これがまた格別に美味。

P1120927

 

3人で飲んだお酒たちはこちら。

P1120919 P1120921

P1120924 P1120931_2

P1120928 P1120929

P1120937

 

十兵衛さんのラインアップは、

まだこの倍くらいはあります。

値段も一杯600円からそろっているのでお手ごろ。

人気の居酒屋になるわけですよねぇ。

 

いや~しかし、さすが 48rider のん兵衛組

姫ふたりもこれだけ飲んでもケロっとしてるんだから、

頼もしい

 

結局3人は、終電の時間まで十兵衛さんで

落ち着いてしまいました

 

ごちそうさまでした~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

神様のカルテ ロケ地めぐり 島々診療所 九兵衛 ほか

島々診療所

一止は、ときどき本庄病院を出て、山村の診療所へ

当直に行っていました。

小説では、木曽路にある木曾病院。

水墨画のように幻想的と表現した、早朝の 奈良井宿

ヒノキ造りの 木曾の大橋 に車を停め、

缶コーヒーで一息つく場面が書かれています。

写真は、奈良井宿の様子です。

P1020993

 

映画では木曾ではなく、松本から上高地に向かう途中にある、

安曇の島々診療所という設定になっていました。

高台から安曇の島々地区や国道158号線を見渡すシーンは、

ここから撮影されたようです。

P1130063_2

島々診療所のロケ地は残念ながら分かりませんでしたが、

この安曇にあるそうです。

島々地区はこちら

2011.11.26

その後、診療所のロケ地が分かりました。

安曇のR158沿いにこの看板がありました。

P1130681

名前は「島々診療所」そのもの。

看板に沿って急坂を少し登ると、

映画で見た診療所がありました。

P1130680

地元の方の話によると、

撮影の時は住民の方がエキストラでいろいろと

協力してくれたそうです。

 

居酒屋 九兵衛

一止が何度が訪れていた居酒屋、九兵衛

松本の縄手通りから少し小道を入った所にある 厨 十兵衛 がモデルで、

映画でも実際に厨 十兵衛で撮影されました。

P1010824

 

厨 十兵衛のマスターは、ボディビルで体を鍛えているようですが、

小説でも、「筋肉質のマスター」と書かれています。

P1120932

 

映画では、一止がこのカウンターで飲むシーンがありました。

P1120914

 

上の写真にある 夜明け前 は、小説の中でも登場します。

他にも、

白馬錦 、佐久の花 などの信州の地酒を始め、

福島の 飛露喜 大阪の 呉春 なども出ます。

それぞれの味の個性を見事に表現している作者、

夏川 草介さんは、かなりの日本酒ファンと見受けました。

厨 十兵衛はこちら

 

安曇さんの家

末期ガン患者 安曇さんの回想場面で、

安曇さんが家の部屋で一止の診断書を読むシーンがあります。

その、田舎の旧家は、

松本四賀の 手打ちそば ほそばら がロケ地となりました。

48rider も以前ツーリングで偶然に訪れていました。

P1120049

 

おそらく、この蕎麦屋の棟の二階で撮影されたものと思われます。

P1120050

手打ちそば ほそばらはこちら

 

松本に春を訪れを告げるシーンは、弘法山で撮影されました。

春の弘法山は、このように満開の桜で染まります。

P1090025_2

 

映画のエンディングでは、赤そば畑が映っていました。

撮影場所は不明ですが、 箕輪町の 赤そばの里 は有名です。

9月下旬から10月上旬が見ごろとなります。

P1120654

 

映画の場面に思いをはせながら、ロケ地をめぐる小さな旅。

なかなか楽しいものですね。

映画のスクリーンに映ったとき、絵になる風景や街並み、自然。

松本はそんな環境に恵まれた、映画の街でもあるのですね。

 

おしまい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

神様のカルテ ロケ地めぐり 松本城 御嶽見晴台 三柱神社

松本城

縄手通りを出て、交番の交差点を北へ向かうと松本城です。

P1130035_2

 

この角度から眺める松本城が美しい。

P1130050

 

一止が松本城を通る場面はいつも夜。

そして、夜の松本城で写真の撮影をしている榛名と会う、

という話が何度がありました。

 

夜の松本城はライトアップされて、

昼間とは違うおごそかな魅力を見せます。

P1090053

 

松本城が見える坂道

松本城の西の出口から出て、蟻ヶ崎高校を過ぎ、

蟻ヶ崎台へと向かいます。

宮渕二丁目あたりのこの坂道が、

一止が榛名と、ときにはひとりで歩くシーンに使われました。

P1130043_2

坂道の途中で振り返ると、松本城や街並みが見渡せます。

映画では、アルピコバスが映っていましたが、

そのとおり、バス停もありました。

松本城が見える坂道はこのあたり

 

御嶽見晴台

御嶽荘に向かう坂道で、一止が榛名に声をかける 御嶽見晴台

ツタがからまるフジ棚とベンチは実在せず、

セットがこの高台に作られ、一止と榛名が語らう

大切なシーンが撮影されました。

Img_2236

 

松本の中心街が見渡せる、まさに見晴台です。

この空き地は霊園墓地の中にあり、

現在は私有地で立ち入り禁止となっています。

P1130049

御嶽見晴台はこのあたり

 

三柱神社

深志神社のシーンは、深志神社ではなく安曇野三郷にある、

三柱神社 で撮影されました。

安曇野の小さな部落にある、ひっそりとした神社です。

神社の前には、ロケ地のしるしが示されています。

P1130055

 

歴史を感じる、古い鳥居をくぐります。

P1130056

 

参道の石灯籠が、この先の神聖な場所へと誘います。

P1130057

 

参道の森を抜けると、映画で見た本殿がひっそりとただずんでいました。

P1130058

 

榛名が、ここで毎日願掛けをしていたシーンが思い出されます。

その願掛けの意味は、御嶽見晴台のシーンで分かるのですが。

Img_2238

三柱神社はこちら

 

次回はいよいよ最後になります。

映画のワンシーンでありながら、心に残ったロケ地を

何箇所か紹介します。

 

つづく

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

神様のカルテ ロケ地めぐり 本庄病院 深志神社 縄手通り

本庄病院 (相澤病院)

一止が勤める 本庄病院 のモデルは、相澤病院 です。

小説のとおり、「365日24時間」の看板が目立ちます。

P1130015

病院内のロケは、この相澤病院で行われたようです。

48rider も、かつて尿管結石でここの救急にお世話になりました

相澤病院はこちら

 

安曇さんの誕生日プレゼントの屋上のシーンは、

相澤病院ではなく、村井にある まつもと医療センター

撮影されたようです。

P1130009

松本医療センターはこちら

 

安曇さんが屋上から見た北アルプスは、

こんな感じだったのでしょうか。

(写真は現在の弘法山で撮影。小説では冬なので山は雪化粧をしていました。)

Img_2235

 

相澤病院から深志神社へ

相澤病院から北へ向かう小道。

一止が歩いて通っていた、通勤路になります。

これから紹介するのは、家へ帰る道のりになります。

P1130016

 

この道をまっすぐ北に向かうと、深志神社の南の鳥居に来ます。

P1130017

 

深志神社の境内。

映画では、ここでは撮影はされず、

安曇野の 三柱神社 でロケが行われました。

三柱神社は後日紹介しますね。

P1130019

 

深志神社の北側の鳥居を振り返ります。

P1130020

深志神社はこちら

 

深志神社からさらに北へ進む道。

この先に駅前通りがあります。

P1130022

 

中町通り、女鳥羽川、縄手通り

駅前通りを渡り、さらに北へ進むと 中町通り に出ます。

ここは、白壁、なまこ壁の商店や飲食店が並ぶ、観光通り。

P1130023

 

中町通りから北へ進むと女鳥羽川です。

Img_2104

 

女鳥羽川を渡ると、縄手通り。

和風の小物店、飲食店が並ぶ、風情のある石畳の通り。

P1130030

 

縄手通りを西に歩くと、右に見えるのは四柱神社。

P1130031

 

ここまでで、一止の通勤路の半分くらい来たでしょうか。

この後は、松本城、そして一止と榛名の借家、

御嶽荘までの道となります。

 

つづく

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

映画 神様のカルテ 観ました

松本のシネマライツで、神様のカルテ を観てきました。

小説「神様のカルテ1」は、その前に読みました。

P1130068

 

松本を舞台にした、

主人公 内科医 栗原 一止 と、その妻 榛名 の夫婦愛、

同じ借家に住む住人達との友情、

そして、地方の基幹病院がかかえる問題に悩みながら、

ひとりの末期がん患者と向き合うことで、

自分の歩むべき道を見出そうとする一止の思いを描いた、

感動小説。

 

松本の街の表情が実にリアルに描写され、

なんの抵抗もなく、吸い込まれるように

小説の世界に入っていきました。

 

映画も、松本をロケ地として撮影され、

見慣れた街並みや山々がスクリーンに映り、

地元に住むものとして、感慨深く観ました。

 

ストーリーは、小説のそれとは少し変わっていますが、

感動ポイントはうまくまとまっていると思いました。

 

小説でも映画でも、48rider は涙を流してしまった

歳のせいか涙もろい・・・

 

一止役の、櫻井 翔 が着ていた白衣が展示してあります。

P1120905

 

一止と榛名の借家、御嶽旅館の看板も展示。

(小説では、御嶽荘)

P1120904

 

神様のカルテのロケ地めぐりもしてきました

次回ブログからアップ予定です

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

おいでなさんし おひさまロケ地めぐり

連続ドラマ小説 おひさま、

もう終わってしまいましたね。

 

48rider もおひさまファンで、

毎日ビデオに録って観ていました

 

そして、遅ればせながら、

安曇野のロケ地めぐりをしてきました。

 

まずは、蕎麦屋 百白花のセットがあった、

大王わさび農場 へ。

 

残念ながら今はもう、セットは撤去されていました

P1120858

 

安曇野の清流は、ほんとうにきれいです。

P1120857

 

おひさまとは関係ないですが、

せっかくなので、わさび農場の中をご紹介

 

わさびコロッケがあります。

わさびビールもありますが、運転なので今回はナシ。

P1120861

 

入り口に近い方のわさび畑には、

わさびはありませんでした。

P1120862

 

奥の方は、きれいなわさび畑がありました!

P1120867

P1120869

 

大王わさび農場はこちら

 

わさび農場を後にして、

次は、水車小屋と道祖神のある、田舎道。

場所は、国営アルプスあづみの公園 の近く。

あづみの公園に行くと、おひさまの案内板が出ているので、

それにしたがって駐車場に行って車を停めます。

 

駐車場からは5分ほど歩きます。

途中、山口家という立派な庄屋の屋敷があります。

P1120888

 

山口家から歩いてすぐ、

こんな、日本の原風景が現れます

おひさまセットが遠くの方に見えます。

P1120876

一面のそば畑。

そばの花が咲いていた頃は、

さぞかしきれいだったことでしょう。

 

ドラマで何度も出ていた、水車小屋と道祖神のセット。

P1120882

P1120884

 

里山、きれいな水路、そば畑、

何十年もこのままであったであろう風景。

ほんとうに心が落ち着く所でした。

 

おひさまの舞台、安曇野は本当に良い所です

 

国営アルプスあづみの公園はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

信州松本 美ヶ原温泉 ワイン巡り

松本の美ヶ原温泉で行われている、

美ヶ原ワイン巡り に行ってきました。

開催期間は、10月11日(火)~10月16日(日)

 

松本駅前から無料のバスが出ています。

出発時刻は、14時、15時、16時

P1120944

バスに乗ろうとすると、

「あれ?今日海外から帰国したM夫がスーツケース持ったまま乗車?」

成田から松本駅まで帰ってきたM夫、

偶然W夫妻と会って、自宅に帰らずにワイン巡りに参加することに。

そこまでして飲みたいかぁ~

 

バスは、美ヶ原温泉に到着。

温泉旅館協同組合の事務所で、

ワイン巡り通行手形とワイングラスを1,000円で買います。

 

15軒の参加旅館のうち、6軒を選んで

ワイン一杯とおつまみがいただける、というシステムです。

提供されるワインは、松本近辺の7蔵。

 

では、ワイン巡りのはじまり~

 

一軒目 大西荘

一階ロビーのテーブルでいただけます。

採れたての栗もサービス。

P1120946

こちらのワインは、

安曇野ワイナリー 竜眼シュルリー

パンと信州ポークのリエットが美味しい!

P1120949

 

今回の48riderチームは7名。

かんぱ~い

P1120950

 

一軒目から大満足の7人

P1120951

 

二軒目 追分屋

こんな素敵な部屋に案内されました。

P1120954

 

こちらのワインは、

あづみアップル ソーヴィニヨンブラン

P1120957

 

ふたたびカンパイ。

P1120959

あれ?

グラスが一個増えてる!

 

帰国したM夫が参加したので、

M妻も自転車でかけつけたのでした

 

リッチな気分にひたれて、

8人は大満足

 

三軒目 月の静香

P1120965

 

こちらは、美人女将がいらっしゃるという情報により

選定された旅館

 

ワインは、

五一わいん ゴールド赤

P1120964

 

馬肉のローストのチーズ巻きと牛肉の煮付け。

とっても美味しい。

赤ワインとの相性バッチリです

 

美人女将は・・・・

行ってみてのお楽しみ

 

四軒目 金宇館

P1120967

 

こちらのワインは、

アルプスワイン ミュゼドゥヴァン松本平ブラッククイーン

そして、女将さんが美人

P1120969

 

ほろ酔いで歩く、姫たち4人

P1120975_2

 

こんな、ぶどう畑の風景もありました。

P1120977

 

五軒目 ゆたかや

P1120978

 

ワインは、

アルプスワイン ミュゼドゥヴァン松本平善光寺平シャルドネ

P1120979

 

葉物の炒め物、

生クリーム入りの豆腐

牡蠣の煮付け

どれも良い味つけで、日本酒にも合いそう(^^)

こちらも8人皆、大満足

 

最後 六軒目 和泉屋善兵衛

P1120982

 

最後のワインは、

山辺ワイナリー カベルネフラン

P1120984

 

そばのチップは、香ばしくてパリっとして美味。

チーズ、鮭の燻製、帆立。

どれも美味しくいただきました。

 

女将さんも暖かくもてなしてくれて、

ワイン巡りの最後は気持ちよく終えることができました。

 

美ヶ原温泉ワイン巡り、

本日10月16日(日)までですよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

信州平谷村のコーンスープ

信州平谷村産のとうもろこしを使った、

コーンスープをゲットしました。

P1120907

 

レトルトだから、あっためるだけで

 

でもそれじゃぁ寂しいので、

肉や野菜を入れて、鍋で煮てみました

P1120908

 

甘いとうもろこしの風味がたっぷり

おいしいコーンスープができました~

 

平谷村の 酒屋 まつのや さんで買えますよ

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金)

浜松 ラーメン 麺屋はやたろう

浜松の 麺屋はやたろう さんの三方原店へ行きました。

「信州生まれの遠州そだち」と看板に書いてあります。

浜松と松本に住む48riderには、気になるフレーズ

P1120849

 

駒ヶ根のソースカツどんもやっているようです。

そもそも、はやたろう は、駒ヶ根に伝わるの勇敢な犬の名前。

早太郎伝説はこちら

駒ヶ根の方が経営されてるのかな?

 

店内は清潔感があっておしゃれ。

家族連れや女性客にも好まれそうです。

 

カミさんは、白旨ラーメン、

48riderは、黒旨ラーメンをお願い。

どちらも680円とリーズナブル

 

P1120852

P1120853

 

黒旨の方は、マー油焦がしニンニク油が

かけてあるとのこと。

かなり刺激感の強い、濃厚スープ。

麺はストレートの細麺。

P1120854

 

ふたりとも満腹になりました~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

浜松 スペイン料理 ロスレガロス

「アンタばかり食べ歩いてないで、私にも美味しいものをごちそうしなさい」

48riderのブログはカミさんも見ているので、

松本の単身赴任生活の実態はバレまくり

 

ブログだけ見ると食べ歩いているように見えるけど、

平日は質素な生活をしてるんだけどなぁ~

 

というわけで浜松都田の、

スペイン料理 ロスレガロス さんへ行きました。

P1120833

 

きれいな外観のお店。

店内は、かなり暗めの灯り。

48riderはメニューを読むのがつらい

 

ワインは、ハーフボトルがあるとのことで、

トーグレ・サングレ・デトロという赤のミディアムボディをお願い

すると、ウェイターのお兄さんがこんなのを持ってきてくれました。

P1120840

 

一本一本に、違う牛のオマケがついているそうです

これは横たわっている牛。

もうちょっとかっこいいのが良かったなぁ

 

お願いした料理はこちら。

 

 トマトとアンチョビのサラダ (600円)

 帆立貝の天日焼き (750円)

 カジキマグロとポテトのスペイン風煮込み (850円)

 豚肉とソーセージとチョリソのパエリア (2,300円)

 

P1120842 P1120845

P1120844 P1120847

トマトソース味に偏ってしまったかな

どれも美味しかったです。

 

食後にカミさんは焼きプリン。

P1120848

 

カミさんも大満足なディナーでした

 

スペイン料理 ロスレガロスさんはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

松本 ラーメン とり栄

上諏訪から、無事松本駅に戻ってきた酔っ払い

「もう一軒、飲みに行こう!」

という、自分の中の誘惑に勝ち、

ラーメンで締めることにしました

 

かな~りの酔っ払いなので、

歩き回る気力もなく、

駅前の信号を渡ってすぐにあったラーメン屋さんへ。

 

ラーメン とり栄 さん

P1120832

 

迷わず、しょうゆラーメンをお願い(700円)

Img_2211

 

よく考えたら、本日、二杯目のラーメン

あっさり鶏ガラスープ(に違いない)、

細ちじれ麺、

酔っ払いにはたまりませんわ~

 

欲を言えば、もうちょっと安ければいいのにな。

 

とり栄さんを後にして、

フラフラとアパートまでたどり着いた 48rider。

 

そのまま、電気もつけっぱなしで寝てしまったようです

またやっちまったぁ~

 

ふぅ~、よく遊んだ一日でしたっ。

おしまい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

上諏訪街道秋の呑み歩き 2011

はっかいさんからまた塩尻駅まで歩き、

今日の最終目的、上諏訪街道呑み歩きに向かいます

 

大町呑み歩きの時は、

ほろ酔い号に乗り遅れてしまったので、

今回はちゃんと学習

無事、ほろ酔い号で上諏訪駅に到着しました

P1120774

 

上諏訪駅構内は、

呑み歩きのパスポートを購入する客で混雑

P1120775

 

2,000円でパスポートとおちょこをもらい、

こんな感じでおちょこの箱を首から下げれば、

準備完了。

これで両手が自由になるってわけ

P1120777

 

今回の 48rider 組の参加者は5名。

まずは、恒例の麗人さんの豚汁でお腹を満たします。

こちらはアンケートを書くと頂けます。

P1120780

 

では、5蔵めぐりの開始

まずは、舞姫さんです。

今年はどれも辛めにできてたかな。

P1120790

 

二蔵めは麗人さん。

いつもながら、ここだけは手酌オーケー

太っ腹です

P1120793

 

三蔵めは本金さん。

すでにこの盛況ぶり。

P1120801

 

またまた登場、本金さんでお手伝いをする、

大町の横川商店の呑ん子さん。

前回は干物でしたが、今回はチョコ

P1120796

本金さんの大吟醸はきれいで旨みがありました。

 

四蔵めは、横笛さん。

こちらも大盛況。

純米酒が甘味がふくよかで美味しかったです。

P1120795

 

最後、5蔵めは真澄さん。

こちらも呑ん兵衛たちでいっぱい。

店舗の改修もだいぶんと進んでいるようです。

P1120818

 

格式のある真澄さんの蔵に入ると、

つい、こんな写真を撮りたくなります

P1120821 P1120823

 

こんなおつまみセットを首から下げている方もいました

P1120817

 

おつまみが欲しくなたので、おでんのおまかせ3本をお願い。

48rider 「おまかせだけど、大根は入れてね~」

お姉さん「うん、なんでも入れちゃう~、はい、こんにゃくもね~」

P1120819

 

揚げ豆腐をかじってから気づいて撮りました

P1120820

 

鹿肉コーナーも売り切れ続出!

P1120828

 

コンビニ前も、臨時のイスと机を出して呑み歩き客にサービス。

P1120826

 

いい感じに酔っ払って、5蔵めぐりは大満足

二次会は、鳥梅 さんへ行きました。

ビールでふたたび飲み始めた5人

P1120830

 

いつもどおり、完璧な酔っ払いになり、

今年の秋の上諏訪街道呑み歩きも、

無事終了しました。

 

あ~、今日はよく呑んだぞ~

日本酒ばんざ~い

 

松本へ帰る電車の中は、

出来上がった酔っ払いでいっぱいでした。

一般の方、ごめんなさ~い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

塩尻 らーめん はっかい 牡蠣らーめん始まりました

松本そば祭りの次の目的は、塩尻の らーめん はっかい さん。

今年も 牡蠣らーめん が始まったと聞いたので、ちょっと足を延ばします

 

塩尻駅を降り2kmほど、またもやテクテクと歩きます

ぶどうの町、塩尻らしい光景。

P1120767

 

はっかいさんへ到着~

P1120768

 

1時くらいでしたが、お昼のお客でいっぱい。

牡蠣らーめんみそ粕 にバター入りでお願い(950円+50円)

P1120769

 

甘味のあるスープは、味噌が勝ちすぎずにやさしい味。

そこに酒粕が利いてまろやかさがアップ

一味も入ってちょっとピリ辛。

う~ん、美味しい~

 

麺は、ちじれ細麺。

味噌スープによく合います。

P1120771

 

そしてなんと言ってもコレ。

大ぶりのプリプリした牡蠣がゴロゴロと入っています

P1120770

 

味噌と牡蠣はよく合いますねぇ~。

ちじれ細麺だから一気にすすれて、

しかもスープがよくからんでいるから美味しい~

 

量がたっぷりとあるので、お腹いっぱいになりました

 

はっかいさんの若夫婦。

イケメンのご主人と、明るく元気な奥さん。

新婚一年目のアツアツ若夫婦です

P1120773

 

ごちそうさまでした~

 

さあ、お腹も満たしたし、

いよいよ次は、今日の最終目的地へ~

 

らーめん はっかいさんはこちら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

信州松本 そば祭り 大盛況です

10月8日・9日・10日と、

松本城でそば祭りが行われています。

初日、さっそく行って来ました

 

いい時間のバスがないので、

アパートからてくてくと松本城まで3kmほど歩きます

なわて通り前の橋で、こんな芸術品が!

P1120738

 

松本城へ到着。

11時、すでに大混雑でした

Img_2197

 

おなじみの松本城の写真ポイントもごらんのとおりの人出。

ネギを持った女性を写したようになってしまいましたが、

お客さんです

P1120743

 

新そばののぼりが目立ちます。

P1120741

 

先週食べた、奈川のとうじそばもあります。

P1120759

 

お目当ての、富山の やつお そば大楽 に行きました。

が、大行列

皆さん、白えび天ぷらが目当てでしょうか?

P1120749

 

あきらめて、別のそばへ。

江戸流手打ち蕎麦の会 大江戸庵 にしました。

P1120750

 

厨房は大忙し

P1120753

 

せいろ(500円)です。

見事な細切りのそば。

コシがしっかりしていました。

ツユが美味しかった!

Img_2198

 

そばの他にも、いろいろと売っています。

秋の味覚がせいぞろい。

P1120757

 

有名なB級グルメも

P1120760

 

おひさまで聞き慣れた、このことばで接客のお兄さん

P1120758

 

最後はやっぱりコレ

Img_2201

 

穂高地ビールのアルト 500cc。

あ~、昼間っから飲むビールは、

どうしてこんなに酔っ払うんだろう~

 

ほろ酔いで松本城を後にし、

次の目的地へと向かうのでした

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

豚肉の酒粕漬け

信州は、酒粕を料理に使うことが多いようです。

スーパーでもよく酒粕をみかけます

 

今日は 豚肉の酒粕漬け を作ってみました。

 

酒粕は、なんと贅沢にも、

信州辰野の酒、夜明け前の純米吟醸 の酒粕

 

酒粕を味噌、酒、水で溶いて、

それに豚ロースを漬けて、

2日間冷蔵庫で寝かせました

P1120734

 

フライパンで焼いてできあがり

焼いている間、酒粕が油ではねて飛びまくるぅ~ (^^;

 

P1120735

 

二日寝かせたから、味がよくしみこんでる~

酒粕のまったりとした風味が利いて、美味しいです

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

松本 ラーメン めん組 コテ節ネギラーメン

ラーメンネタは久しぶりの気がします

 

松本の、めん組さんへ再び訪れました。

前回の記事はこちら

Img_2188

 

今日の注文は、

コテ節ネギラーメン(800円)にしました。

大盛り+100円で

Img_2189

 

節系にトンコツを混ぜたスープは、

ネギ油が浮いていて、

独特のこんがりした感じのコクがあって複雑な味。

味の濃さも強すぎず 48rider 好み。

美味しい~

 

麺は中太で良いコシです。

Img_2190

 

ネギの下にうもれていたのはチャーシュー

ホロホロです。

Img_2191

 

やっちゃだめだと思っているのに、

やっちまった~、

スープ完食

Img_2192

 

だって美味しかったんだもん

 

めん組さんはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

信州松本 奈川 とうじそば ちゅうじ

白骨温泉を後にして、乗鞍高原に戻ります。

さて、お昼はどうするか

温泉に入ったとはいえ、ここは標高1,200m。

何か、あったかいものが食べたいな。

 

そうだ、奈川まで行って、とうじそばを食べよう

 

即断即決

乗鞍を降りて、奈川までひとっ飛び

 

奈川に入って一軒目のそば屋、

ちゅうじ さんへ入りました。

P1120718

 

ガラスに映った、XJR1300 をちょっと撮影

もう終わってしまったけれど、

おひさまのポスターといっしょに。

P1120729

 

店内に入って、迷わず とうじそば (1,500円)をお願い。

すると、ちゅうじのお姉さん、

「今日から、松茸が入ったのでいかがですか?」

そう言えば、入り口に看板があったなー。

(松茸の文字を見ても、庶民は関心を示さない ^^;)

P1120728

 

聞けば、松茸入りはプラス300円の1,800円とのこと。

 

迷わず即決

 

来ました!

松茸入りとうじそば

新そばだそうです。

P1120720

 

松茸様と、野菜の入った出し汁に、

蕎麦をくぐらせます。

時間は2~3秒!

P1120723

 

そして、汁とそばをおわんに盛って、

具も載せます。

もちろん、松茸様も

P1120724

 

美味し~~い

そばは、素朴な田舎そば。

ほんのりと甘い香りがして、

粘り気のある心地よい食感。

P1120725

 

そばを美味しく完食すると、

「おじやはいかがですか?」

とお姉さん。

 

こちらも迷わずお願い

残った汁に、ごはんを入れて、

煮えたところで卵でとじます。

P1120727

 

おじやも完食

美味しかった~

 

とうじそばは、二人前なら2,000円。

ひとり分で500円もお得!

 

ちゅうじさんでとうじそばを食べるなら、

ひとりで来ちゃいけませ~ん

 

ちゅうじさんはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

信州白骨温泉 泡の湯 ツーリング

いつまでも残暑が続くと思っていたのは、ついこの間。

さすがに9月も終わりになると、

秋は足早にやってきました。

 

信州のツーリングシーズンは短い。

今のうちに走っておかねば

 

今朝は冷えているので、

皮ジャンパーの下に少し厚めに着込み、

そして、

例の 新しいブーツ を履いて出発です

P1120700

 

今日の目的地は、白骨温泉。

R158 は上高地渋滞もなく、

アパートを出て、50分で乗鞍高原につきました

一時間もかからずに乗鞍に来られるなんて、

本当に良いところに住んでいます

P1120698

 

乗鞍岳は、もう紅葉が進んでいるかと思って来ましたが、

まだ始まっていませんでした。

来週末くらいから黄色や赤に染まり始めるのでしょうか。

P1120699

 

乗鞍高原から白骨温泉へと、林道を走ります。

乗鞍岳に少し雪がありますが、

これは冬の雪が溶けずに残っているのかな??

P1120707

 

白骨温泉へ到着。

今日の目的は、泡の湯。

信州の温泉雑誌には必ず載る、と言っていいほど

有名な温泉ですが、48rider は初めて。

松本にいる間に一度は行っておかないとね

 

泡の湯の外湯の営業開始は10時半から。

まだ少し時間があるので、

共同浴場のあるところまで行ってみました。

P1120713

 

昔、浜松からツーリングで来たときは、入浴剤事件の前。

大行列に並んでいたものですが、

今はその面影はないようです。

 

再び、泡の湯へ。

P1120710

 

日帰り入浴客は、少し離れた駐車場に停めます。

入り口も、上の写真の正面玄関ではなく、裏の玄関から。

P1120714

 

泡の湯の野天風呂は、

水色に白濁したお湯が美しい。

道から見えるので写真に撮りました。

もちろん、営業時間前で誰も入っていないのを確認してね。

P1120709

 

入湯料 800円 (タオル付きは1,000円)を払って受付を済ませます。

 

まずは内湯へ。

透明な湯船と、白濁の湯船があります。

透明な方は、加温なし。湯の花が浮いています。

白濁の方は、42℃に加温。

どちらもいいお湯です

 

そして外湯へ。

こちらは混浴

と言っても、脱衣場からお湯に入って

顔だけ出しながら出てこられるようになっているし、

お湯は真っ白なので、

女性も全然平気

 

多くのカップルでいっぱいでした

 

一匹狼の 48rider は、少し浮いていたかも知れませんが、

気にせず、の~んびりと小一時間ほど、

野趣あふれる野天風呂を楽しみました

 

温泉を出て、受付の年配の女性に、

「すばらしい温泉でした 」と言って去ろうとすると、

濡れたタオルをそのまま持っているのを見た女性は、

「オートバイでそのタオルはお困りでしょう。」

と言って、ビニール袋を渡してくれました。

そして、玄関で深々と頭を下げて、見送ってくれました。

 

白骨温泉 泡の湯、

素晴らしいのは温泉だけではない、

接客も心温まる、素敵な旅館でした

 

この日、夜になっても鼻から硫黄の臭いが抜けず。

恐るべし、白骨温泉!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

辛味大根 京美人

京美人 という辛味大根が手に入りました。

P1120693

 

半分を大根おろしにして、

そばの薬味に使ってみました。

P1120695

 

水分が少ないので、

おろしてもビショビショにならず、

パサパサしている感じ。

ひと口なめてみると、

辛~~っ

わさびとはまた違う辛さ。

 

48rider は、薬味をツユに入れずに、

そばをすすって、

辛味大根をなめて、

またそばをすすって、

という食べ方が好きです。

 

残りの半分は、

焼きサンマの薬味に使いました。

P1120696

 

これも辛~っ

焼きサンマと大根おろしって、

どうしてこんなに合うんでしょうねぇ~

 

日本人に生まれてよかった~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

信州駒ヶ根 野ノもの料理 丸富

駒ヶ根に、美味しい蕎麦屋があると知り、

さっそく行って来ました。

その蕎麦屋は、丸富 さん。

P1120606

 

道には目立つ看板がないので、見過ごしそうです。

P1120608

 

駐車場から少し降りると、小屋のような造りの建物。

P1120624

 

開店は、11時半。

11時20分ころ着いて、しばらくすると

次々とお客が並び始めました

ぴったり11時半に開店。

48rider は、一番で入店

 

店内は木造りと白壁で清楚な雰囲気。

いい感じです。

P1120611

 

お品書きも木の板でできていておもしろい。

P1120614

 

まずは地鶏の肝煮 (525円)

鶏自体も良いのでしょう、薄味の良い味付け。

P1120615

 

しらびそそば (1,050円)

南信州下栗産の十割蕎麦。

P1120616

 

まず、見た目がすごい。

極細で、寸分たがわずに切りそろえられています。

白い、その蕎麦の肌は、まるで透き通るかのようにきれい。

P1120617

 

みずみずしいけれど、水っぽくなく、

なめらかだけれど、粘りがあって、ほどよいコシ。

ツユにつけると、蕎麦の香りが引き立つ感じ。

そのツユは、多少辛めですが、

コクがあってまろやか。

 

竹でできた箸は、先が細い。

極細の蕎麦を、ちょうどよい具合につかめる。

こんなところもこだわっているのでしょうね~。

P1120618

 

わさびがこれまた辛味がよく効く

極少量をかじるだけでもピリピリです。

P1120620

 

いや~、久しぶりに遭遇した、すばらしい蕎麦でした。

丸富さんの蕎麦へのこだわりには、

尋常でないものを感じました。

感動の蕎麦です。

 

値段もそれなりに高いですが、

これは納得!

 

夜は限定一組の予約制で営業しているようです。

P1120623

 

野ノもの料理 丸富さんはこちら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

信州塩尻 五一わいん ぶどう収穫体験

塩尻のワイナリー 五一わいん さんは、

開園100周年を迎えたそうです。

記念イベントで、ぶどう収穫体験がありました。

 

昨年、五一わいん農場体験 に参加したので、

今回の案内を頂き、さっそく行って来ました

P1120529

 

最初に工場見学。

ちょうど、ぶどうを搾る作業が終わったところでした。

P1120531

 

セイベルという品種のぶどうを仕込んだばかりの

タンクの中をのぞかせてもらいます

P1120539 P1120540

 

白い泡が出て、発酵が始まったばかり。

試飲すると、シュワシュワして、

まだぶどう果汁の甘い味がします。

 

さあ、いよいよぶどうの収穫です。

午前中は、赤ワイン用の、

コンコードというぶどうの収穫作業です。

きれいで美味しそうな実が生っています

P1120550

 

ぶどうの中には、病気のものもあるので、

その部分は取り除かないと病気が移るとのこと。

責任重大で大変な作業です

P1120548

 

お昼はお弁当をいただきました

もちろん、ワインもね

P1120555

 

いっしょに参加された、

大町の酒屋 横川商店 の呑ん子さん。

呑ん子さんのブログ でおなじみの、

クマさんもいっしょです

P1120556

 

いっしょに参加された、

南信州平谷村の酒屋 まつのや さん。

いつもどおりの元気さで、

しっかりと口を動かして作業していました

P1120558

 

午後からは、白ワイン用のソーヴィニヨンブラン

というぶどうの畑で作業です。

P1120565

P1120564  

こちらも病気の粒が混ざっています。

これを取り除きながら収穫するのは、

かなり大変な作業。

P1120566

 

でもみんながんばって、何箱ものコンテナに

ぶどうを収穫しました

P1120563_2

 

病気のぶどうがなければ、

作業はスイスイ進むのですが、

なかなかそうはいかない

 

いや~、ぶどう収穫がこんなに大変だとは

思ってもいませんでした。

 

これからワインを飲むときは、

一口ひとくち、大切にしっかりと味わって飲みます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

イタリアンの晩酌

日本酒ファンの 48rider ですが、

最近はワインも好んで飲みます

 

この日は、イタリアの赤ワインで晩酌。

キアンティ リゼルヴァ というミディアムボディです。

Img_2181

 

例のワイングラス に注ぎ軽く揺らすと、

熟成された甘い香りが鼻をくすぐります。

ほどよい渋みと力強い酸味のバランスが良い。

飲みやすいからクイクイ空いていきます

 

おつまみに、あさりスパ を作りました。

P1120692

 

我ながら、なかなか美味しいんじゃないかい?

 

キアンティ リゼルヴァ は、こんなに美味しくて

1,260円というお買い得価格

 

飲みたくなったら、浜松三方原の、

酒のバオオさん へGO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »