« 地部坂高原 銀命水サイダー | トップページ | 浜松 洋食屋 みさくぼ »

2011年8月20日 (土)

名古屋 中国台湾料理 味仙へ再び

先日のブログで紹介した、

名古屋今池 中国台湾料理 味仙(みせん) さん。

前回の記事はこちら

Img_2049 Img_2051

 

実家の三重から浜松へ戻る途中、

また味仙さんへ寄りました。

 

例によって、行列に並んで待つこと10分。

お客の回転が早いから、すぐに席につくことができます

 

前回は台湾ラーメン

今回は、他の中華メニューがお目当て

 

あさり炒め。

ぷっくり大きなアサリ。

唐辛子がかなり利いています

スープは貝の出汁がよく出ているけどピリ辛!

でも旨いからついつい飲んじゃう!

Img_2053

 

青菜炒め。

いい塩梅の塩味。

他の料理の合間に食べるのにぴったり。

Img_2054

 

手羽先。

何気なく食べると、

これがすこぶる辛い

唐辛子たっぷりです

Img_2055

 

焼きビーフン。

これもペロリと食べられます

Img_2057

 

そして、炒め物の王様、チャーハン

米のひとつぶひとつぶにほどよく油が回り、

パラパラに炒められて、味付けもグ~

Img_2056

 

だまっていても、水が瓶に入って出てきます。

ピリ辛料理が多いから、

これはうれしいサービスですね

Img_2059

 

二人でこれだけ食べて、3,000円ちょっと。

旨くて安い

繁盛するワケですねぇ~

 

味仙さんはこちら

 

|

« 地部坂高原 銀命水サイダー | トップページ | 浜松 洋食屋 みさくぼ »

外食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋 中国台湾料理 味仙へ再び:

« 地部坂高原 銀命水サイダー | トップページ | 浜松 洋食屋 みさくぼ »